S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

車載用48V電源システム用DC-DCコンバータ最前線

~ ボッシュ製DC-DCコンバータを例に ~

  • 日時:2017/04/21(金)  12:30~17:00
  • セミナー番号:C170421
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  今回は車載用48V電源システムにおけるDC-DCコンバータの最前線について紹介する。現在の車載用DC-DCコンバータにおける技術潮流を捉える視点からはじまり、具体的な回路手法、制御手法、並びに使用する半導体の選定方法等についても具体的な事例をベースに言及する。また、ボッシュ製DC-DCコンバータ(48V/12V)の分解解説を行い、使用されているパワー半導体、ドライブIC、各部材、受動素子について紹介する。その後、本DC-DCコンバータにおける予想される将来像についても掲示し、今後の技術課題を抽出、解説していく。また、最新の日産e-Powerやスズキのストロングハイブリッドシステムについても言及する。
プログラム

1 車載用48V電源システムの概略
 1.1 従来車両と48V電源システム搭載車との違い
 1.2 ストロングハイブリッド車と48V電源システム搭載車との違い
 1.3 プラグインハイブリッド車と48V電源システム搭載車との違い
 1.4 日産e-Powerと48V電源システム搭載車との違い

2 車載用48V電源システムの限界
 2.1 48V電源システム車はいつまで販売可能か
 2.2 48V 電源システム車はどの車種に適用可能か
 2.3 スズキは48V電源システムではなくストロング化させたのは何故か
 2.4 アウディとルノーの48V電源システムへの視点の違い

3 車載用DC-DCコンバータ最前線
 3.1 車載用DC-DCコンバータの分類
 3.2 燃料電池車用DC-DCコンバータ
 3.3 ミライ(トヨタ)に搭載されたDC-DCコンバータ
 3.4 クラリティ(ホンダ)に搭載されたDC-DCコンバータ
 3.5 4代目プリウス(トヨタ)に搭載されたDC-DCコンバータ

4 48V電源システム車用DC-DCコンバータ
 4.1 ボッシュ製DC-DCコンバータ概略
 4.2 Continental 製DC-DCコンバータ概略
 4.3 Hella製DC-DCコンバータ概略

5 ボッシュ製DC-DCコンバータの分解解説
 5.1 DC-DCコンバータの内部構造
 5.2 DC-DCコンバータに使用されるパワー半導体
 5.3 DC-DCコンバータに使用されるキャパシタ
 5.4 DC-DCコンバータに使用されるインダクタ
 5.5 DC-DCコンバータに使用される制御手法

6 次世代パワー半導体の車載用DC-DCコンバータへの応用
 6.1 熱対策技術
 6.2 ノイズ対策技術
 6.3 センサ技術
 6.4 総括      

受講対象者電源設計者、車載用DC-DCコンバータ従事者
学べる事最新のボッシュ製DC-DCコンバータの内部事情
講 師山本 真義 氏
島根大学大学院 総合理工学研究科 准教授 >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室 東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
49,000円(税込)* メルマガ登録者は 44,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格35,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.