S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

トランプ政権下で復活するシェールオイル・ガス産業

  • 日時:2017/04/27(木)  13:00~16:10
  • セミナー番号:C170427
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  化石燃料の開発推進を掲げたトランプ政権下で、米国内のシェールオイル・ガス業界は活気付きそうである。シェールの開発コストが下がり生産量が増えると予測されている。2013年に注目を集めた“シェールガス革命”から4年が経った。
 本セミナーでは、新たなビジネスチャンスを創造するため、シェールガス業界の動向をにらみつつ、水処理技術、掘削分野で使用される生分解性樹脂などについて、ご活躍中の講師陣に詳説をして頂く。
プログラム

第1部 13:00~14:30
シェールガス汚染水処理技術の概要と将来動向

吉村 和就 氏
グローバルウォータ・ジャパン 代表

 トランプ新政権になり、 シェールガスが大増産される。既に米国で生産されるガスの25%がシェールガスで、 2035年までに50%を占める予測が出ており、 米国は石油、 LNGガスの世界最大の輸出国となり世界から「サウジアメリカ」 と呼ばれている。これを牽引するシェールガス業界は活況を呈するが環境との調和が求められている。 水処理の現況と将来動向について述べる。

1 米国 トランプ新政権のエネルギー政策の概要
2 シェールガス業界の動向
3 水処理の現状と課題
4 将来性のある水処理技術とは
5 プレーヤーの動向

第2部 14:40~16:10
ポリグリコール酸のシェール掘削用途への展開

高橋 健夫 氏
㈱クレハ PGA部

 ポリグリコール酸(PGA)は、優れた加水分解性/生分解性と高い機械特性を有する樹脂であり、当社は、独自の技術で世界初の工業生産を確立、大量供給を行っている。近年、シェールガス・オイルの掘削では、掘削コストの低減等のために、分解特性を有する材料の適用が進められている。本セミナーでは、分解性材料の使用例および PGAの具体的な適用事例について述べる。

1 ㈱クレハの紹介
2 PGAの製造方法および製品事例
3 シェールオイル・ガス掘削分野で使用される生分解性樹脂
4 PGAのシェールオイル・ガス掘削分野での適用事例

会場ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室 東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
49,000円(税込)* メルマガ登録者は 44,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格35,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.