S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 欧米、中国、日本における食品接触容器・包装材料の最新規制動向と対応実務

欧米、中国、日本における食品接触容器・包装材料の最新規制動向と対応実務

  • 日時:2017/06/23(金)  13:00~16:45
  • セミナー番号:N170623
  • 主催:エヌ・ティー・エス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
プログラム

第1部 13:00-15:30
欧米、中国、日本における食品接触容器・包装材料規制の最新動向

石動 正和 氏
塩ビ食品衛生協議会 常務理事>講師略歴

1.はじめに

2.欧州
 ・プラスチック施行規則(PIM)
 ・欧州委員会3つのPIMガイダンス(PIM全体、サプライチェーンの情報伝達、
  移行のモデル化、適合試験)
 ・EFSAプラスチック以外の食品接触材料(コーティング剤・色材・印刷インキ
  など)の報告書とリスト
 ・欧州委員会プラスチック以外の規制管理の方向性(印刷インキ)

3.米国
 ・食品申請認可(FAP)制度
 ・食品接触届出(FCN)制度
 ・食品安全近代化法

4.中国
 ・食品接触材料及び成形品用添加剤使用標準GB9685-2016
 ・食品接触材料関連国家標準(プラスチック樹脂・材料・成形品、紙・板紙、
  金属、コーティング、ゴム)
 ・食品関連製品新品種申請受理規定と行政許可管理規定
 ・輸入食品接触製品の申請認可登録制度

5.国内
 ・食品用器具・容器包装の規制のあり方に関する検討会
 ・取りまとめ骨子(案)の公表とPL法制化の動き

6.おわりに

第2部 15:15-16:45
欧州、米国、日本の食品接触容器・包装材料PL規制対応試験・分析実務

吉竹 政子 氏
ユーロフィンフードアンドプロダクトテスティング株式会社 食品分析ASMグループ マネージャー>講師略歴

1.食品接触容器・包装材料とは
 ・定義
 ・日本の規格
 ・欧州・米国の規格

2.PL規制に関して
 ・従来のPL制度
 ・新制度の旧制度の比較

3.分析に関して
 ・日本の分析
 ・欧州の分析
 ・米国の分析

4.まとめ

会場乳業会館 3F 会議室 東京都千代田区九段北1-14-19

MAP

受講料
(税込)
43,200円(税込)
※資料付
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はエヌ・ティー・エスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.