S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

有機ELのフレキシブル化への開発動向と必要な材料技術

  • 日時:2017/03/21(火)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R170321
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  アップル社のiphoneへのフレキシブル有機EL採用、ソニー・パナソニック・東芝の有機ELテレビ投入などの発表など、有機ELの本格事業化の動きが加速しつつある。また、有機EL照明も着実に技術進展している。
 本講演では、有機ELの基礎技術(材料・デバイス・プロセス・駆動など)及びビジネスの動向を紹介するとともに、有機EL事業化におけるキー技術であるフレキシブル化技術について、最新動向と要素技術について紹介する。
プログラム

1.有機ELの歴史

2.有機ELの原理

3.有機ELの基礎技術
 3-1.材料技術
 3-2.デバイス技術
 3-3.プロセス技術
 3-4.駆動技術

4.有機ELディスプレイ
 4-1.有機ELディスプレイの分類
 4-2.有機ELディスプレイの特徴(液晶ディスプレイとの比較も含めて)
 4-3.有機ELディスプレイ技術と最新動向(各社の動向も含めて)
 4-4.有機ELディスプレイの製品化

5.有機EL照明
 5-1.有機EL照明の特徴(LEDとの比較も含めて)
 5-2.有機EL照明技術と最新動向
 5-3.光取出し効率向上技術
 5-4.有機EL照明のコスト
 5-5.有機EL照明の製品化

6.有機ELのフレキシブル化
 6-1.フレキシブル化の最新動向
 6-2.フレキシブル基板技術
  ・超薄板ガラス
  ・高機能ステンレス箔
  ・バリアフィルム
 6-3.ITO代替電極技術
  ・透明導電ポリマー技術
  ・銀ナノワイヤー技術
  ・印刷電極技術
 6-4.フレキシブル封止技術

学べる事・有機ELの基礎技術(材料、デバイス、プロセス、駆動など)
・有機ELの歴史とビジネス動向(各社の動向も含めて)
・有機ELディスプレイ技術(液晶ディスプレイとの比較も含めて)
・有機EL照明技術(LED照明との比較も含めて)
・有機ELフレキシブル化の最新技術動向
・有機EL用フレキシブル基板技術
・有機EL用ITO代替電極技術
講 師向殿 充浩 氏
山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター 産学連携教授 工学博士 >講師略歴
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.