S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 食品製造工場における各種異物の混入防止/原因究明/発生時の対処法
このセミナーは既に終了しております。

食品製造工場における各種異物の混入防止/原因究明/発生時の対処法

~異物クレームで困っている方におすすめ! “必ず発生率が1ppm以下になる方法” が学べます~

  • 日時:2017/03/30(木)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R170330-4
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 食品工場でさけては通れない、異物混入などのクレームの防止策、従業員教育に関して、実例を元に細かく解説します。
従業員教育に直ぐに使える内容を説明します。
質問事項は事前に受け付け、すべて具体的に回答を行います。
プログラム

●食品工場の原理原則
  1.食品工場とは
  2.安心と安全
  3.求められている透明性
  4.基準として定めるべき項目
  5.危害として押さえるべき項目

●品質管理基準の策定
  1.目的
  2.範囲
  3.材料管理
  4.施設、設備
  5.製造管理
  6.説備の清掃、洗浄方法
  7.ペストコントロール
  8.個人衛生
  9.配送管理
  10.表示管理
  11.従業員の教育訓練
  12.食品検査
  13.商品回収、クレーム処理
  14.規定マニュアル集
  15.帳票管理
  16.経理上の管理

●金属等の異物クレームを防ぐために
  -方針の確認
  ・異物に関する目標値の考え方
  ・作業場の衛生区分について
  ・設備備品等問題点の把握について
  ・クレーム発生から再発防止策について
  ・金属検出器の教育マニュアルについて
  ・具体的な確認事項について
  ・工事関係者などの服装規定
  ・工事を行った時の点検表
  ・作業場の洗浄マニュアルはあるか
  ・空調設備の洗浄マニュアルはあるか
  ・包装資材の持ち込みのルールはあるか
  ・クレーム発生からの再発防止までの記録があるか
  ・金属検出器の教育を行って居るか
  ・金属検出器で排除したものの取り扱いは定められているか
  ・再生、リワーク品の管理が出来ているか
  ・整理ができているか:不要物が作業場に無いか
  ・整頓ができているか:定位置管理が出来ているか
  ・清掃状態は良いか:作業場の清掃計画があり実施されているか
  ・金属検出器の始業点検を行って居るか
  ・製品をカットする刃物の点検が行われて居るか
  ・製品をカットする刃物は欠けていないか
  ・ビス抜けの箇所などの点検方法
  ・コールセンターが設置されているか

●飛翔昆虫等のクレームを防ぐために
  ・構造上の考え方
  ・モニタリングの考え方
  ・具体的な防止法

 ●毛髪混入クレームを防ぐために
  ・毛髪混入防止の基本的考え方
  ・誰でも出来る仕組みを作り上げるためには
  ・明確なルールを作り上げる必要性
  ・個人衛生の考え方
  ・服装規定について
  ・制服の管理について
  ・ロッカーの管理について
  ・工場への入場方法
  ・作業中の管理について
  ・休憩時の管理について
  ・外部からの異物の持ち込みについて
  ・毛髪に間違えられる異物について
  ・従業員教育の重要性
  ・食品工場は誰のものか

講 師河岸 宏和 氏
食品安全教育研究所 代表 
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.