S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

粘着・剥離のメカニズムとその制御【大阪開催】

  • 日時:2017/06/05(月)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R170605-4
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  粘着・剥離現象を、界面科学・レオロジー・破壊力学などの観点から捉え、粘着・剥離のメカニズムとその制御方法について解説します。本講演では、まず粘着・剥離に関連した基本的な事項を説明します。次に実際の解析事例や最近の研究動向の紹介を交えながら、接着力が粘着剤の物性とどのような関係を持っているか、どのように制御すればよいかについて、議論したいと思います。
プログラム

1.粘着・剥離の基礎
  1-1.粘着の界面科学
    1-1-1.粘着とは,剥離とは?
    1-1-2.粘着・剥離の駆動力
  1-2.レオロジーの基礎
    1-2-1.線形粘弾性
    1-2-2.温度-時間換算則
    1-2-3.非線形レオロジー
  1-3.粘弾性体の破壊力学
    1-3-1.エネルギー散逸プロセス
    1-3-2.き裂進展速度に依存する破壊エネルギー
  1-4.種々の剥離試験における物理的特性の違い

2.粘着・剥離過程の可視化実験
  2-1.可視化実験の意義と問題点
  2-2.可視化実験の具体例
    2-2-1.内部変形過程の可視化
    2-2-2.現象の動的なキャラクタリゼーション

3.粘着・剥離過程のモデリング
  3-1.粘着・剥離に関する理論・シミュレーション
    3-1-1.エネルギーバランス
    3-1-2.分子シミュレーション,連続体シミュレーションの問題点
  3-2.モデリングの具体例
    3-2-1.キャビテーションの効果を取り入れた定式化
    3-2-2.計算結果とその解釈

4.粘着・剥離現象の制御
  4-1.粘着・剥離現象における重要な因子
  4-2.各因子と粘着・剥離特性との関係

5.まとめと今後の展望

受講対象者・粘着剤や粘着・剥離に関連した業務に従事されている方
学べる事・粘着剤の界面科学
・レオロジー・破壊力学の基礎
・粘着・剥離メカニズムと影響因子
講 師山口 哲生 氏
九州大学 大学院工学研究院 機械工学部門 准教授 博士(工学) >講師略歴
会場大阪産業創造館 6F 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.