S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • フレキシブル液晶デバイスに向けたフィルム基板の開発【大阪開催】
このセミナーは既に終了しております。

フレキシブル液晶デバイスに向けたフィルム基板の開発【大阪開催】

進化する液晶ディスプレイ!!

  • 日時:2017/06/07(水)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R170607-3
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  ディスプレイ業界では大画面・高精細化の流れの一方、フレキシブル化・ウェアラブル化の研究開発が進んでいる。本講演では、フレキシブルディスプレイを勉強しようという方、フィルム基板の応用展開を考えている方を対象として、講演いたします。
 フレキシブルディスプレイ/フレキシブルデバイスとは何か、フィルム基板開発で考慮しなければならないことは何か、基板にはどのような物性が求められているのか等々、液晶用フィルム基板開発の基礎から最新技術動向まで、幅広く講演致します。
プログラム

1.はじめに
 1-1. フレキシブルデバイスとフレキシブルディスプレイ
 1-2. フレキシブルディスプレイの市場動向と技術動向

2.フレキシブル液晶ディスプレイの構成
 2-1. 基板(プラスチック、金属フォイル)
 2-2. 薄膜トランジスタ(TFT)
 2-3. 液晶層(ネマチック液晶、コレステリック液晶、高分子分散液晶、
    擬似等方相液晶)

3.フレキシブル液晶ディスプレイ用基板に求められる要件

4.フレキシブル液晶ディスプレイの課題

5.配向膜不要なフィルム基板
 5-1. 液晶の配向メカニズム
 5-2. 各種フィルム基板の液晶配向能
 5-3. 試作フィルムセルの動作確認

6.カイラルネマチック液晶を用いた化学ガスセンサー
 6-1. ガス検知の原理
 6-2. 液晶と揮発性有機ガス(VOC)との相互作用
 6-3. フィルム基板に対する要求

7.フレキシブル液晶ディスプレイ/デバイスの応用
 7-1. ウォールディスプレイ
 7.2. 調光窓
 7.3. セキュアリティデバイス
 7.4. ヘッドマウンテッドディスプレイ

8.まとめ

​<質疑応答・名刺交換>

学べる事・フレキシブルディスプレイの最新技術動向
・フィルム基板に求められる要件と現行の課題
・フレキシブルディスプレイの評価技術
・フレキシブル基板の応用展開先
講 師石原 將市 氏
大阪工業大学 大学院工学研究科 電気電子工学専攻 教授 博士(工学)
<職歴> 元パナソニック株式会社、元シャープ株式会社勤務
<学協会>日本液晶学会 副会長
会場ドーンセンター 4F 大会議室3 大阪市中央区大手前1-3-49

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.