S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

衝撃強度の評価と衝撃材料試験法【大阪開催】

  • 日時:2017/06/08(木)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R170608
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  企業において機械設計に従事されている技術者などを対象に、耐衝撃性を考慮した設計に必要な基本的知識と問題解決のためのアプローチについて説明する。衝撃設計に必要な各種工業材料の動的応力―ひずみデータを紹介するとともに、各種の衝撃試験法の原理と方法について、できるだけビデオ映像やアニメーションを用いて視覚的に解説する。
プログラム

1.材料の力学的特性入門
  1-1.材料試験法
  1-2.材料の引張応力-ひずみ特性
  1-3.延性と脆性、吸収エネルギー
  1-4.公称応力(ひずみ)と真応力(ひずみ)の関係
  1-5.流動応力のひずみ速度依存性と温度依存性について

2.衝撃工学の基礎(剛体の場合)
  2-1.力積・入力エネルギーの概念
  2-2.動的増幅率(衝撃荷重の大きさを表す)とは?
  2-3.落下解析への取組み方:落下試験の1自由度ばねー質量モデルによる
     解析

3.衝撃応力の評価と材料試験法
  3-1.衝撃荷重・応力の簡便評価法
  3-2.応力波による評価法

4.初等一次元弾性波の伝播理論
  4-1.縦弾性波の伝播―波動方程式(可視化ビデオ)
  4-2.縦弾性波の不連続部での反射と透過(アニメーション)
  4-3.棒内の弾塑性波の伝播(アニメーション)

5.材料の衝撃試験法
  5-1.シャルピー試験法、高速油圧サーボ試験法、落錘式試験法
  5-2.ホプキンソン棒法(圧縮と引張)

6.ホプキンソン棒法による動的圧縮・引張応力―ひずみデータの事例紹介
  6-1.金属材料:炭素鋼、鋳鉄、アルミ合金、アルミ鋳物合金、マグネ合金
  6-2.高分子材料:PA-6(ナイロン-6)、PC(ポリカーボネイト)
  6.3 複合材料:GFRP, CFRP

7.汎用衝撃解析コードに使用される構成式について
  7-1.構成式とは何か?
  7-2.Johnson-Cook 構成式, Zerilli-Armstrong 構成式(事例:銅と純鉄)
  7-3.Taylor impact tests のコンピュータ・シミュレーションによる構成式
     の精度検証
(参考図書:衝撃工学の基礎と応用(p.215):共立出版2014 横山 隆編著)

受講対象者・機械設計に従事する企業の技術者
・研究開発に従事する企業、研究機関の研究者
・大学院生
 
学べる事・初等材料力学
・材料強度学(材料試験法)
・機械力学(連続体の振動)
講 師横山 隆 氏
岡山理科大学 名誉教授 工学博士
<専門> 衝撃工学、材料力学、機械力学
<学協会>日本航空宇宙学会、日本機械学会、日本実験力学会
会場滋慶医療科学大学院大学 9F 視聴覚大講義室 大阪市淀川区宮原1-2-8

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.