S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

マグネシウム二次電池の開発動向

Liイオン電池の現状と、ポストLiイオン電池

  • 日時:2017/03/24(金)  13:00~16:00
  • セミナー番号:T170324
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  リチウムイオン二次電池は高いエネルギー密度と優れたサイクル寿命を併せ持ち、スマートフォンやノートパソコンといった小型機器のみならず、最近ではハイブリッド自動車や電気自動車への展開も進んでいます。一方、リチウムイオン電池は多くの課題を抱えており、これに代わるポストリチウムイオン電池の研究開発が国内外で盛んにおこなわれています。
 金属マグネシウムは低い反応電位と高い容量を持つため、マグネシウム二次電池はリチウムイオン二次電池では達成不可能な高エネルギー密度を実現しうるとして高い注目を集めています。
 本セミナーでは、リチウムイオン電池の背景を述べるとともに、マグネシウム二次電池の研究例を、講演者の実施例と合わせて紹介します。
プログラム

1.リチウムイオン電池の現状とポストリチウムイオン電池
 1.1 リチウムイオン電池の役割
 1.2 リチウムイオン電池の作動原理
 1.3 リチウムイオン電池の課題
 1.4 ポストリチウムイオン電池の紹介

2.マグネシウム二次電池
 2.1 マグネシウム二次電池の特徴・目標
 2.2 負極反応と電解液
  2.2.1 Grignard試薬での反応
  2.2.2 非Grignard試薬での反応
  2.2.3 合金負極
 2.3 マグネシウム金属の析出溶解挙動
 2.4 正極
  2.4.1 正極反応の速度論
  2.4.2 正極材料の研究例
 2.5 実現のための課題

3.まとめ

講 師嵯峨根 史洋 氏
静岡大学大学院工学研究科 電子物質科学専攻 助教
会場オームビル 東京都千代田区神田錦町3-1

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合41,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合55,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.