S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

硫化物系固体電解質

— 材料設計・評価および全固体電池への期待 —

  • 日時:2017/08/28(月)  13:30~16:30
  • セミナー番号:C170828
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  既存のリチウムイオン電池の可燃性有機電解液を固体電解質に置き換えた全固体リチウム電池は、エネルギー密度と信頼性に優れる次世代電池として、電気自動車など大型用途での実用化が期待されている。これまで電解質のイオン導電性が低いことが、全固体電池の性能を制約してきたが、最近、液体並みの導電性を示す硫化物系固体電解質が見出されたことで、一気に実用化の機運が高まってきた。
 本セミナーでは、硫化物系固体電解質の合成と物性評価、開発の現状と方向性、プロトタイプ全固体電池の性能と特徴について、基礎知識から最新の成果まで説明する。
プログラム

1 全固体電池とは
 1.1 蓄電池の現状
 1.2 全固体電池の動作原理と歴史
 1.3 実用化の期待と固体電解質の重要性

2 固体電解質開発の基礎
 2.1 固体内のイオン導電
 2.2 固体電解質の要件
 2.3 硫化物系固体電解質の利点と欠点
 2.4 固体電解質の合成,特性評価の手法

3 硫化物系固体電解質の開発現状
 3.1 有機電解液に匹敵する導電性を示す物質—LGPS—
 3.2 結晶構造からみるLGPSの特徴
 3.3 固体電解質としての性能(導電性,安定性,コスト)
 3.4 特性向上への指針と最新の開発事例

4 硫化物系全固体電池の性能と特徴
 4.1 LGPS固体電解質を用いた全固体電池性能
 4.2 液系リチウムイオン電池との比較
 4.3 全固体電池の特徴と将来展望

受講対象者全固体リチウム電池とその構成材料である固体電解質の開発に従事している方。もしくはこの分野に興味があり、基礎と最新動向について学習したい技術者、研究者の方。
学べる事硫化物系リチウム固体電解質に関する知識を習得できる。
1 合成および物性評価の基礎
2 材料設計の現状と方向性
3 プロトタイプ全固体電池の性能と特徴
講 師平山 雅章 氏
東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 准教授 >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア 501会議室 東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
42,000円(税込)* メルマガ登録者は 39,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格 35,000 円(税込) ※資料代含
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.