S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

再生医療に向けた足場材料の研究開発最前線

  • 日時:2017/09/06(水)  13:30~16:30
  • セミナー番号:C170906
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  再生医療において、足場材料は細胞を三次元的に分布させ、特定の形状を賦与しつつ、再生のためのスペースを提供するための支持体として重要な役割を果たしている。また、足場材料は、細胞の接着、増殖から基質産生へ向かうように細胞の分化を制御できること、高い生体親和性、機械強度など、実に様々な性質が要求される。加えて、理想的な組織再生を行うためには、増殖した細胞と産生された細胞外マトリックスが組織化し、新しい生体組織が形成される段階で多孔質材料は新しい組織に置換されることが望ましい。そのために生体吸収性高分子の足場材料はよく用いられている。本セミナーでは、再生医療の足場材料の研究開発に関する最先端の成果を紹介する。 
プログラム

1.再生医療における足場材料の役割
 a) 再生医療の現状
 b) 再生医療の要素技術
 c) 細胞を取り囲む微小環境
 d) 足場材料の役割

2. 足場材料の必要条件
 a) 足場材料の種類
 b) 足場材料の必要条件
 c) 細胞の機能制御
 d) 幹細胞の分化制御
 e) 生体適合性
 f) 生体吸収性
 g) 力学強度
 h) 足場材料の機能評価

3.足場材料の現状
 a) 足場材料に用いられる生体材料
 b) 生体吸収性合成高分子の足場材料
 c) 天然高分子の足場材料
 d) 細胞外マトリックス足場材料
 e) 自家足場材料
 f) 複合足場材料
 g) 階層構造の足場材料
 h) パターン化構造の足場材料

4.足場材料の作製技術
 a) ポローゲンリーチング法
 b) 相分離法
 c) 乳濁液凍結乾燥法
 d) 繊維融着法
 e) 三次元プリンティング法
 f) 氷微粒子法
 g) 生体模倣型マトリックス材料の作製法
 h) 自家足場材料の作製法
 i) 複合多孔質材料の作製法

5.足場材料の再生医療への応用
 a) 軟骨再生
 b) 骨再生
 c) 骨・軟骨再生
 d) 皮膚再生
 e) 筋肉再生
 f) 心臓再生
 g) 肝臓再生
 h)  肺再生

6.今後の展望
 

受講対象者再生医療の材料研究開発に関わる、或いは興味がある方
学べる事本セミナーでは、再生医療に用いられる足場材料の役割と必要条件をレビューしながら、最近の進歩と今後の展開も合わせて紹介する。特に、足場材料の構造制御技術や複合化技術、生体親和性の向上方法などの例を挙げながら、組織再生に相応しい足場材料およびその製造方法について述べる。
講 師陳 国平 氏
物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点 グループリーダー >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア 501会議室 東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
42,000円(税込)* メルマガ登録者は 39,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格 35,000 円(税込) ※資料代含
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.