S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法
このセミナーは既に終了しております。

異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法

  • 日時:2017/10/31(火)  10:00~16:45
  • セミナー番号:C171031
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  信頼性が高く耐久性が大きく強い接着・接合継手を設計することを目的とする人に対し、接着力発現の原理、接着剤および表面処理法の理論的選定法、異種材料の接着、樹脂射出一体成形法、レーザ接合法、化学反応法など最新の接合法について、強度および耐久性向上のメカニズムとともに解説します。
 また、各種継手に発生する応力分布、変形、および破壊条件の解析法(CZM法を含む)、それに基づく強い接着構造の設計法、負荷応力の時間的分布と接着強度のばらつきに基づいたストレス-強度モデルによる継手の希望破壊確率を与える安全率の計算法、接着継手の劣化の主要原因である温度、湿度、機械的応力などのストレスと劣化速度との理論的関係およびそれに基づいた加速試験による寿命予測法について詳しく解説します。
 さらに、各種接着強度評価法はテキスト掲載のみですが、接着トラブルの原因別分類と対策(表)および具体的事例については概説し、最後にご質問に対し講師の45年間にわたる接着についての実務経験に基づき、ご回答いたします。
プログラム

1.接着力発現の原理

2.各被着材に適した接着剤の選定法

3.接着剤の種類、特徴および最適接着剤の選定法

4.被着材に対する表面処理法の選定法

5.最新の異種材料接合法

6.射出成形および融着における接着力発現のメカニズム

7.接着継手形式および負荷外力の種類

8.各継手の応力分布および強度評価

9.最適接合部の設計

10.経年劣化(強度低下およびばらつき増加)による故障率の増加
  (ストレス―強度のモデル)
11.所定年数使用後の接着接合部に要求される故障確率確保に必要な
  安全率の計算法

12.接着接合部劣化の三大要因

13.アレニウスモデル推定法(温度条件)による耐久性加速試験および寿命
14.アイリングモデルおよびジューコフの式によるストレスおよび湿度負荷条件
  下の耐久性加速試験および寿命推定法

15.金属/接着界面の耐水安定性についての熱力学的検討

16.接着接合部の疲労試験方法および疲労試験結果

17.接着接合部のクリープ破壊強度およびクリープ試験方法

18.接着トラブルの原因別分類と対策

講 師鈴木 靖昭 氏
鈴木接着技術研究所 所長 >講師略歴
会場中央大学駿河台記念館 310教室 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

MAP

受講料
(税込)
54,000円(税込)* メルマガ登録者は 48,000円(税込) ※昼食、資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目以降はメルマガ価格の半額(24,000円)です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります。

★アカデミック価格45,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.