S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 量子線を用いたリチウムイオン二次電池および構成材料の構造学的分析
このセミナーは既に終了しております。

量子線を用いたリチウムイオン二次電池および構成材料の構造学的分析

~ 材料から蓄電池までの応用 ~

  • 日時:2017/11/22(水)  13:30~16:30
  • セミナー番号:C171122
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  リチウムイオン二次電池は小型可搬型デバイスの電源として大きな需要があり、車載用蓄電池として最も期待されている。最近、全固体電池実用化の可能性が示唆され、リチウムイオン二次電池がさらに注目されている。そのため,全固体電池用固体電解質の物質探索、既知・新規電極材料の開発研究が活発になされている。今回、材料および電池反応分析手法の一つとして、中性子線を取り上げる。一般には知名度は低いが、電池研究分野において世界中で利用されている強力な分析手法であり、世界中の大強度中性子源の誕生でその利用は進んでいる。日本にも大強度中性子線源があり、産学官の利用が可能である。
 本セミナーでは,マルチプローブ(X線,放射光,中性子)による粉末回折法を用いた電極材料および固体電解質の構造解析手法及び動作環境下での蓄電池反応を観測するオペランド測定について、基礎的知識から応用例までを説明する。
プログラム

1. 高エネルギー加速器研究機構の概要

2. 粉末回折法による構造解析の基礎
 2.1. 回折法の基礎
 2.2. X線、放射光、中性子線の基礎
 2.3. 各プローブによる粉末回折装置の特徴
 2.4. 解析手法の基礎

3. 中性子線の一般的応用事例

4. 粉末回折法によるリチウムイオン二次電池材料の構造
 4.1. 電極材料の構造解析
 4.2. 固体電解質(例:LGPS系硫化物超イオン導電体)の構造解析
 4.3. イオン導電経路の可視化手法(マキシマムエントロピー法MEM)
 4.4. オペランド測定による電池反応解析(液系、全固体電池への応用)
     

受講対象者 蓄電池向けの電極材料・固体電解質研究及び開発に従事されている方。もしくは,イオン導電体等の機能性材料の構造解析に興味があり,中性子線用いた解析手法を学習したい技術者・研究者の方。
学べる事 粉末回折法及びその活用方法についての知識を習得できる。特に,近年世界中で利用が広がってきた中性子線を用いた蓄電池及びその構成材料研究への応用方法を理解することができる。
講 師米村 雅雄 氏
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 特別准教授 >講師略歴
会場中央大学駿河台記念館 301会議室 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

MAP

受講料
(税込)
48,000円(税込)* メルマガ登録者は 43,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目以降はメルマガ価格の半額(21,500円)です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格38,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.