S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

全固体リチウム二次電池の開発状況と展望

~ 部材から電池開発まで ~

  • 日時:2018/01/31(水)  12:30~16:30
  • セミナー番号:C180131-2
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  安全性の向上を目的に、リチウム二次電池の全固体化が図られている。この全固体化とは、可燃性の有機溶媒を含む電解液を不燃性の固体電解質に置き換えることである。この新しい電池を実現するためには、電解液の使用を前提としたこれまでの材料や電池作製技術だけでは不十分であり、新たな材料や電池作製技術が必要である。特に電池反応が進行する電気化学界面を固体と固体の接合で形成する方法が必要になる。
 本講演では、二次電池の基礎からリチウムイオン電池の課題と全固体化のメリットを解説し、その後、具体例を交えながら、全固体リチウム二次電池の部材開発や電池設計を紹介する。また、最近の話題を含めて、全固体リチウム二次電池の開発状況を紹介する。
プログラム

1.二次電池の基礎
 (1)電池の構成部材
 (2)充放電反応
 (3)リチウムイオン電池の現状

2.全固体リチウム二次電池
 (1)全固体化とは?
 (2)全固体化のメリット

3.全固体リチウム二次電池の構成材料
 (1)固体電解質の種類と特徴
 (2)電解液との比較
 (3)適用できる電極材料

4.全固体電池の設計
 (1)固体-固体界面の形成
 (2)イオン伝導助剤の適用
 (3)中間層の導入

5.三次元構造化
 (1)三次元構造化のメリット
 (2)バイポーラ型電池

6.全固体リチウム二次電池の用途展開
   

受講対象者電池および電池部材の開発に携わっている方
新しい電池に興味がある方
セラミック材料および技術の新展開に興味がある方
学べる事二次電池に関する基礎知識
リチウムイオン電池の課題と全固体化のメリット
全固体リチウム二次電池の構成部材、設計、可能性
講 師棟方 裕一 氏
首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 助教 >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア ミーティングルーム002 東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
50,000円(税込)* メルマガ登録者は 48,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目以降はメルマガ価格の半額です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格15,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.