S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • IoT時代に向けたリチウムイオン電池のリアルタイム劣化診断
このセミナーは既に終了しております。

IoT時代に向けたリチウムイオン電池のリアルタイム劣化診断

  • 日時:2018/02/09(金)  13:30~16:30
  • セミナー番号:C180209
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 リチウムイオン電池は1991年に登場してから高容量化と大型化が進み、現在はEVへの搭載が進むとともに電力エコシステム(仮想発電所、マイクログリッドなど)への応用が期待されている。特に日本では2019年から段階的に出現するFIT終了案件が定置用蓄電池の市場拡大に繋がると予想される。本セミナーでは将来の電力エコシステムにおいて定置用蓄電池をIoTで制御管理する際の基礎知識を説明する。
プログラム

1 リチウムイオン電池の基礎と技術・市場動向
 (1) リチウムイオン電池の基礎
 (2) リチウムイオン電池のマネジメント
 (3) リチウムイオン電池製品の動向

2 リチウムイオン電池の試験規格と評価試験

3 電力市場とIoT時代のリチウムイオン電池マネジメント

4 リチウムイオン電池の寿命劣化とその診断
 (1) リチウムイオン電池の劣化、性能低下と寿命について
 (2) リチウムイオン電池の劣化診断手法の体系
 (3) 当社のリアルタイム劣化診断研究の取組
       

受講対象者リチウムイオン電池を搭載する製品・機器のビジネスに関わる、研究開発、品質保証、商品企画、技術営業、マーケティング部門の方
学べる事・リチウムイオン電池の寿命に関する知識
・電力エコシステム(仮想発電所・マイクログリッドなど)に関する知識
・IoTを用いた電力エコシステムの蓄電池劣化診断に関する知識
・リチウムイオン電池の劣化診断手法の体系的知識
講 師有馬 理仁 氏
大和製罐(株) 新規事業室 主任 >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア 502会議室  東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
49,000円(税込)* メルマガ登録者は 44,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目以降はメルマガ価格の半額です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格15,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.