S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

次世代ミリ波システムに望まれる材料と応用

  • 日時:2018/02/19(月)  13:30~16:30
  • セミナー番号:C180219
  • 主催:シーエムシー・リサーチ
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  2020年サービス提供開始予定の次世代移動体通信(5G)や先進運転支援システムADASを搭載した次世代自動車などの実現に向けて、ミリ波と呼ばれる30GHz帯以上の周波数が脚光を浴びています。一方でミリ波帯は、マイクロ波帯よりも数倍から数十倍以上も周波数が高くなるため、材料の誘電体損失の導体損失が増加し、ミリ波回路実現を困難にします。このため、使用する周波数帯域において精度良く材料評価し、ミリ波回路技術者が望むミリ波材料をいち早く提供できるかが早期実現の鍵にもなってきます。
 本セミナーでは、次世代移動通信や次世代自動車への展開に必須となるミリ波の基礎知識から始まり、ミリ波材料の応用として、回路設計方法や材料評価方法などに関して、実例を踏まえながら解説します。
プログラム

1. ミリ波とは
 1.1 ミリ波の定義
 1.2 ミリ波の特徴

2. 次世代ミリ波システム
 2.1 次世代移動体通信
 2.2 次世代自動車

3. ミリ波材料の応用
 3.1 ミリ波材料の使われ方
 3.2 ミリ波線路やミリ波回路
 3.3 ミリ波線路の設計方法の基本

4. 望まれるミリ波材料
 4.1 導体材料
 4.2 低損失材料
 4.3 高損失材料

5. 材料評価技術
 5.1 材料評価技術の分類
 5.2 各種材料評価技術の実例

6.まとめ
 

受講対象者回路設計担当者、材料開発担当者
学べる事ミリ波に関する基礎知識、次世代ミリ波システムの動向、ミリ波回路材料の使い方・使われ方、ミリ波材料評価技術など
講 師清水 隆志 氏
宇都宮大学大学院工学研究科 機能創成研究部門 (電気系担当)准教授 >講師略歴
会場ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室  東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
49,000円(税込)* メルマガ登録者は 44,000円(税込) ※資料代含
*2名同時申込で両名ともメルマガ登録をしていただいた場合2人目以降はメルマガ価格の半額です。
 (S&T出版、シーエムシーリサーチ両社のメルマガ登録になります)

★アカデミック価格15,000 円(税込)
*アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校
 法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はシーエムシーリサーチが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.