S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • <第一部>日本一のマグロ船長に学ぶ!マネジメントとリーダーシップの極意<第二部>マグロ船式人材育成術【セット申込】
このセミナーは既に終了しております。

<第一部>日本一のマグロ船長に学ぶ!マネジメントとリーダーシップの極意<第二部>マグロ船式人材育成術【セット申込】

  • 日時:2017/08/21(月)  12:30~17:30
  • セミナー番号:M170821-3
  • 主催:新社会システム総合研究所
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 『マグロ船』。この言葉にはどんなイメージがありますか?「借金のカタに送られる」、「行くアテがなくなったら、最後の手段で就く仕事」。そんな暗いイメージがあるかもしれません。 しかし実際は、チームワーク良く働き、また、ひとりひとりが非常に活き活きとして働いている船が多くあります。なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、40日以上も毎日同じ人と顔を合わせないといけません。 船長は、こうした厳しい環境の中だからこそ、「不便なうえに狭く、ギスギスしやすい環境だからこそ、どうやったらみんなが笑顔で働けるか?」を、真剣に考えざるを得ない職場なのです。 そのなかでも日本に500隻ある19~70トン級の船で、日本一の売上を誇ったマグロ船の船長から教わったリーダーシップの取り方を、皆さんの職場で実践していただくためのエッセンスを習得していくのがこの講演です。
プログラム

<第一部> 12:30~14:30

1.できる船長の船はマグロが獲れない理由とは?
 ・部下が喜んで指示を聞いてくれる日ごろの接し方
 ・代わりに、「『お前、○○○のぉ!』と、言うてやれ」

2.凡ミスが起きたときの船長の対応とは?
 ・部下を落ち込ませず、やる気を出させる叱り方

3.1日を振り返る事で自分にとって最適なリーダーシップの取り方に
  気づく事ができる


4.どんな状況でもイライラしない、不動の精神のつくり方
 ・リーダーがにこやかであれば、部下も安心して仕事ができる
 ・経営の判断は、落ち着いている時の方が間違えない

5.船長が船員から慕われる理由とは?
 ・部下たちに、負ける部分をわざと見つけて、「オマエはスゲエ!」と
  言ってやる

6.仕事はゴルフなどの『ゲーム』と同じように思わせれば、
  部下は自主的に仕事のスキルを学ぶようになる


7.部下のできた所を見てあげる事で仕事への真剣度が増す
 ・クレームが無かった日こそ、「ありがとう」と伝えよう

8.質疑応答/名刺交換


<第二部> 15:30~17:30

1.仕事はしっかり教えないとできるようにならない
 ・「仕事は盗め!」では、いつまでもできるようにならない
 ・「自分でやった方が早い!」は、大きな間違い

2.部下同士で学び合う環境を創る船長の心がけとは?

3.活躍の場を与える事で必ずひとりひとりが主役になれる場を創る

4.マグロ船式!報連相が徹底される職場づくりのコツとは?
 ・「○○○○を言うな!」
 ・周りから良いアイデアや意見がドンドン出る投げかけとは?

5.人は植物の種と同じ。時間をかけて育てないと実はならない

6.船長の命令を聞いてくれるかは、『正しい指示をしているか?』ではなく、
  『この人の言う事なら聞いてもいい』と思ってもらえる人間性が大事


7.『大きな成果を上げるためには努力をさせない事が必要』とは?

8.質疑応答/名刺交換

講 師齊藤 正明 氏
(株)ネクストスタンダード マグロ船式人材コンサルタント >講師略歴
会場SSKセミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

MAP

受講料
(税込)
50,000円 ※第1部、第2部一括申込み優待価格(受講者交代可)
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等は新社会システム総合研究所が行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.