S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

水素社会を実現する技術と事業機会

  • 日時:2017/08/23(水)  13:00~17:00
  • セミナー番号:M170823-2
  • 主催:原財団(新社会システム総合研究所)
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
プログラム

第1部 13:00~14:15
水素エネルギー利用拡大に向けた政策動向とNEDOの取り組み

大平 英二 氏
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー部
燃料電池・水素グループ 主任研究員>講師略歴

水素エネルギーを利活用する社会の実現に向けた政策として、水素・燃料電池戦略ロードマップが策定され、さらに政府一体となって取り組むための「基本戦略」が年内に取りまとめられる見通しである。また、本年燃料電池バスが市販化され、更に業務・産業用固体酸化物形燃料電池が新たに市場投入される。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、更なる水素エネルギー利活用の拡大に向け、水素の製造から、貯蔵・輸送、利用に渡る技術開発に取り組んでいるが、最近の動向、今後の方向について紹介する。

1.水素エネルギーに関する政策動向

2.水素エネルギー導入の現状

3.NEDOにおける取り組み、今後の方向性

4.質疑応答

第2部 14:20~15:35
水素社会の実現に向けた福島再生可能エネルギー研究所の取り組み

古谷 博秀 氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所
再生可能エネルギー研究センター 研究センター長
>講師略歴

福島再生可能エネルギー研究所(FREA)では、太陽光、風力、地熱、地中熱、エネルギーネットワークなど研究開発とともに、変動の多い再生可能エネルギーを上手に使い切るための蓄エネルギー技術の一つとして水素エネルギーについて実規模の実証を視野に入れた研究開発を実施している。ここでは、FREAで実施している水素や水素キャリアを使ったエネルギーシステムの研究開発を中心に、水素社会構築に資する水素エネルギー技術について紹介する。

1.水素エネルギーを取り巻く背景

2.各水素キャリアの特徴

3.FREAでの水素エネルギーシステム開発

4.FREAでのMCHを使ったエネルギーシステム開発

5.FREAでのアンモニアを使ったエネルギーシステム開発

6.FREAでの液体水素を使ったエネルギーシステム開発

7.質疑応答

第3部 15:45~17:00
再エネ×水素の可能性とビジネスチャンス

尾山 耕一 氏
デロイトトーマツコンサルティング合同会社
デロイトエクスポネンシャル シニアマネジャー
>講師略歴

「2度上昇抑制」に向けて、将来に向けて再生可能エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー社会を目指していく必要がある。そうしたエネルギー社会において、水素はどのような役割を果たしうるか。エネルギーキャリアとしての水素の可能性と課題についての解説を行う。また、再エネ由来水素のバリューチェーン(製造~輸送~利用)の各所において、いかなる新規事業の可能性が考えられるか、新たに生まれうるビジネスチャンスについても解説を行う。

1.「2度上昇抑制」に向けた世界的なコンセンサス

2.再生可能エネルギーが大量導入された社会における課題

3.エネルギーキャリアとしての水素の可能性

4.2030~2050年の日本のエネルギーフロー

5.水素バリューチェーンの概観

6.水素バリューチェーンにおけるビジネスチャンス

7.将来の持続可能な人類社会に向けて

8.質疑応答

会場SSKセミナールーム  東京都港区西新橋2-6-2  友泉西新橋ビル4F

MAP

受講料
(税込)
27,000円
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等は新社会システム総合研究所が行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.