S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

電力システムとEVの融合

  • 日時:2017/12/12(火)  14:00~17:00
  • セミナー番号:M171212-2
  • 主催:新社会システム総合研究所
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
プログラム

第1部 14:00~15:25
Ⅰ. VPP事業のビジネス成立条件と今後

三浦 大助 氏
株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部
電力ビジネス推進グループ シニアプロジェクトマネジャー>講師略歴

蓄電池などの分散型エネルギーリソースを束ねてあたかも一つの発電所のように運用して様々なサービスを提供するVPPに注目が集まっており、国による実証や事業環境整備が行われている。しかし、そのビジネスモデルや事業展望については不透明な部分も多い。本講演では、海外での取組みを参照しつつ、VPP事業の成立条件やVPP事業の将来について展望・議論する。


1.VPP事業の類型化・サービスモデル

2.海外におけるVPP事業化への取組み

3.我が国におけるVPP事業環境の動向

4.我が国におけるVPP事業展望
 (1)ビジネスモデル・事業戦略の検討に向けて
 (2)VPP実現・発展に向けた制度課題

5.質疑応答

第2部 15:35~17:00
Ⅱ. 東京電力グループにおける VPP事業への取組と電力システムとEVの融合の可能性

篠田 幸男 氏
東京電力ホールディングス株式会社 経営技術戦略研究所
リソースアグリゲーション推進室 プロジェクト推進グループマネージャー>講師略歴

再生可能エネルギーといった分散型エネルギーの普及が見込まれる中、需要側リソースを活用するVPPが注目されている。一方、自動車分野においては、欧米を中心にEVへのシフトの動きが高まっており、EVの本格普及を迎えようとしている。本講演では、東京電力グループが考える将来の電力システムとVPPへの取組、そしてその将来展望と、電力システムとEVの融合による可能性について議論する。


1.日本の将来エネルギーシステムの想定

2.東京電力グループが考える将来電力システム

3.東京電力グループにおける電気自動車への取組について

4.東京電力グループが取り組むVPPについて

5.電力システムとEVの融合による可能性について

6.質疑応答

会場AP新橋虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル

MAP

受講料
(税込)
32,400円 ※同時申し込みで2人目以降 27,000円
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等は新社会システム総合研究所が行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.