S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

種麹・麹菌の働きとその利用、新規用途開発

世界に誇る和食文化を担う!!

  • 日時:2017/06/16(金)  13:00~16:30
  • セミナー番号:N170616
  • 主催:エヌ・ティー・エス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  麹菌は、日本の醸造食品製造に使用される有用カビの総称で、3種類のAsergillus属によって構成されている。その麹菌を穀物に生育させた「麹」は、味噌・醤油・焼酎などの醸造食品製造に使用される。その麹の製造を行う際にシードとして使用するのが種麹である。
 この麹菌の胞子(タネ)を集めた種麹は室町時代より製造が始まり、以来現在では醸造食品に使用する麹製造に必須のものであり、種麹を使って麹・醸造食品を製造するのは日本独特の技術となっている。醸造食品は、世界に誇る事の出来る日本文化であるが、それを影で支えてきた種麹・麹については意外と知られていない。
 本セミナーでは、種麹・麹・麹菌を紹介するとともに、麹菌を食品製造に応用する際の種麹使用の注意点などを解説する。
プログラム

1.種麹・麹・麹菌とは

2.種麹・麹菌の歴史

3.種麹の利用法と注意点

4.新規用途などの提案

受講対象者食品メーカにおいて微生物を扱う技術者はじめ、新規食品開発を担当する技術者・研究者、また麹菌を利用した特産品開発を企画する技術者や研究者、地方自治体の企画担当者の方々。
講 師和久 豊 氏
株式会社ビオック 常務取締役 研究室長 >講師略歴
会場オーム社・ゼミルーム 東京都千代田区神田錦町3-1 オームビルB1

MAP

受講料
(税込)
43,200円(税込)
※資料付
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はエヌ・ティー・エスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.