S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • ターボチャージャー適合技術の基礎と過給利用の可能性その技術動向
このセミナーは既に終了しております。

ターボチャージャー適合技術の基礎と過給利用の可能性その技術動向

評価基準の高速・高負荷域へ拡大するエンジン燃費規制の流れを受けて!!

  • 日時:2017/12/15(金)  12:30~17:00
  • セミナー番号:N171215
  • 主催:エヌ・ティー・エス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  燃費/排気ガスのテストモードが、日常の運転状態をより正確に再現した結果が得られるように改善されてきている。その結果これまでの低速、低負荷領域から、より高速、高負荷までの運転条件を考慮することが要求され、そのための新規技術の導入が始まっている。
 ターボ過給エンジンの場合でもターボチャージャーの利用技術とエンジン本体の新技術との組み合わせから新しいテストモードでの目標達成のための最適排気量が決められるようになり、これまでの小排気量エンジンとターボチャージャーでの出力補完(エンジンダウンサイジング)の次の段階に入っている。
 本セミナーでは、主にガソリンエンジンへのターボチャージャー適合技術について基礎から応用 技術まで体系的に解説する。
プログラム

1.ガソリン (ターボ適合上の基礎知識)

2.ガソリンエンジン (ターボ適合上の基礎知識)

3.ターボチャージャー

4.ターボ過給の狙いと必要仕事

5.エンジンとの物理的ミスマッチ

6.エンジンダウンサイジング+ターボ過給_北米1978_(参考;日本 1978~1989)

7.エンジンダウンサイジング+ターボ過給 (ヨーロッパ 2000~2013)

8.ダウンサイジングによる過給エンジントルク特性と今後

9.適合上の問題解析事例_今後の課題

受講対象者エンジン開発技術者を始め、これからエンジン開発に携わる若手技術者、その周辺部品メーカ、素材メーカのエンジン開発に関連する技術者全て。
講 師里川 明 氏
元株式会社ギャレットターボ 製品開発主任研究員 >講師略歴
会場乳業会館 3F 会議室 東京都千代田区九段北1丁目14-19

MAP

受講料
(税込)
43,200円(税込)
※資料付
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はエヌ・ティー・エスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.