S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の種類・特徴と選び方・使い方
このセミナーは既に終了しております。

抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の種類・特徴と選び方・使い方

  • 日時:2016/12/07(水)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R161207-2
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  抗菌処理技術は、清潔好きの日本ならではの日本発の技術です。20年前に耐熱性を有する銀を抗菌成分として用いることで、熱可塑性の樹脂に混練できることから、身の回りの製品に応用されました。現在では欧州でも清潔性向上に役立てることから、家電製品を始め様々な製品への応用(付加価値技術)に注目されています。さらに、近年は薬剤を用いない物理的除菌技術に展開を遂げています。
 多くの分野で応用されバリエーションの多い抗菌処理技術を、基礎から応用のノウハウまで、数多くの実例を挙げながら、商品企画時のポイント、製造現場の留意点から品質管理方法の実際、商品分野によって異なる表示法に留意したユーザーへの性能説明方法、さらに抗菌製品が注目されている欧州へのグローバル展開の留意点まで、現物を手に取りながら説明を加えます。
プログラム

1.抗菌剤・防カビ剤の種類と特性 [選び方1]
  1-1.抗菌剤の種類
    1)無機酸化物担体と抗菌成分
    2)銀系抗菌剤
    3)有機系薬剤
    4)天然系薬剤
    5)光触媒系薬剤
  1-2.防カビ剤
  1-3.その他抗菌成分
  1-4.抗ウイルス成分
  1-5.抗菌剤の変遷

2.物理的除菌技術 [選び方2]
  2-1.埃と環境
  2-2.物理的抗菌
    1)熱殺菌
    2)電場除菌
    3)放電処理技術

3.抗菌表面処理 [使い方1]
  3-1.抗菌成分の分散技術
  3-2.塗装処理
  3-3.応用技術と実例

4.抗菌樹脂混練技術 [使い方2]
  4-1.熱可塑性樹脂への混練技術
  4-2.反応硬化性樹脂への混練技術
  4-3.応用技術と実例

5.性能評価法 [示し方1]
  5-1.抗菌・防カビ・抗ウイルス評価方法
  5-2.JIS・ISO
    1)具体的JIS評価試験の実際
  5-3.持続性評価方法
  5-4.安全性評価方法

6.抗菌性能の表示法 [示し方2]
  6-1.各種国内工業会
  6-2.全国家庭電気製品公正取引協議会
  6-3.抗菌製品技術協議会
  6-4.欧州規制
  6-5.グローバル展開

受講対象者・開発企画技術者(身の回り製品、水回り製品、衣類・携行製品、医療・
 介護製品等)
・樹脂製品市場開拓技術者
・塗料・塗装市場開拓技術者
・水処理技術関連企業の技術者
・医療・介護製品の付加価値開発技術者
・欧州展開企業の企画技術者
・抗菌製品の上市を検討される企業責任者
学べる事1.微生物制御技術
2.抗菌抗カビ薬剤に関する基礎知識
3.微生物学と材料工学との境界領域の現場に即した知識習得
4.微粒子の分散に関する基礎知識
5.抗菌性能評価技術(JIS Z 2901):JNLA評価基準の基礎技術
6.抗菌処理適用製品のためのヒントとノウハウ
7.消費者への製品特性に関する表現方法基礎
8.欧州への輸出製品に関する化学製品申請の基礎知識
講 師冨岡 敏一 氏
関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 微生物制御工学研究室
研究員 工学博士 >講師略歴
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.