S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

軟包装材料の加工技術と開発トレンド

  • 日時:2016/12/20(火)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R161220
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  軟包装材料は食品、日用品、医薬品等の包装に広く使用されています。その構成や加工方法の技術的意味を解説し、内容物に適した材料設計の考え方を説明します。薄いフィルムで簡単にみえるものですが、複雑な技術が錯綜していることを理解して頂き、使用者の方には適切な構成の選択と使用上の留意に役立てて下さい。また、開発のトレンドも説明しますので、開発者の方は方向性を考えるヒントにして下さい。
プログラム

1.フレキシブルパッケージ(軟包装)について
  1-1.フレキシブルパッケージとは?
  1-2.フレキシブルパッケージの市場規模
  1-3.フレキシブルパッケージの歴史
  1-4.フレキシブルパッケージの形態と用途

2.フレキシブルパッケージの構成と原材料
  2-1.フレキシブルパッケージの基本構成と機能
  2-2.フレキシブルパッケージに使用される基材の種類と性能
  2-3.フレキシブルパッケージに使用されるヒートシール材
  2-4.フレキシブルパッケージに使用されるバリア材とその性能
  2-5.フレキシブルパッケージ用接着剤
  2-6.フレキシブルパッケージ用押出しラミ素材
  2-7.フレキシブルパッケージの構成例

3.フレキシブルパッケージの製造工程
  3-1.印刷方法
  3-2.ドライラミネーション法
  3-3.押出しラミネーション法
  3-4.製袋方法

4.フレキシブルパッケージの開発事例とトレンド
  4-1.易カット性包材
  4-2.スタンドパッック包材
  4-3.脱酸素包材
  4-4.電子レンジ自動開封包材

5.フレキシブルパッケージの規格、法規制
  5-1.物性測定規格
  5-2.衛生法規
  5-3.環境関連法規

受講対象者・軟包装材料の開発に従事する方
・軟包装材料を利用する方
学べる事・軟包装材料の試験方法及び法規制
・軟包装材料の定義と基本構成
・軟包装材料の加工方法
講 師土屋 博隆 氏
土屋特許事務所 所長 >講師略歴
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.