S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • CFRPの疲労・破壊特性の基礎と寿命予測および信頼性評価技術
このセミナーは既に終了しております。

CFRPの疲労・破壊特性の基礎と寿命予測および信頼性評価技術

  • 日時:2016/12/21(水)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R161221-2
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 近年、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が民間航空機の一次構造材料に採用され燃費削減を実現しました。これをきっかけに、自動車をはじめとする機械・構造物へ向けたCFRPの更なる適用拡大が期待されています。その一方で、CFRPの長期信頼性や耐久性を適切に評価することも重要課題となっています。CFRPは疲労特性に優れた材料と言われていますが、マトリックスクラックや層間剥離などの損傷が疲労負荷を受けることによって発生、進展し、構造物の強度低下を引き起こします。本セミナーでは、最近、航空機や自動車等の構造材料として注目を集めているCFRPの疲労損傷進展評価および寿命評価技術について分かりやすく解説します。
プログラム

1.複合材料の疲労特性評価の基礎
  1.1 疲労破壊事故事例
  1.2 複合材料の構造と強度
  1.3 複合材料の疲労損傷と評価

2.複合材料の損傷観察技術

3.繰返し変動負荷を受けるCFRP積層板の疲労寿命予測

4.超高サイクル疲労におけるCFRP積層板の長期信頼性評価
  4.1 層間剥離の進展特性評価
  4.2 トランスバースクラックの進展特性評価

5.CFRP積層板の疲労損傷発生予測
  5.1 トランスバースクラック発生寿命予測
  5.2 疲労損傷が生じないCFRP積層板の疲労強度設計

6.厚肉CFRP積層板の面外疲労強度特性評価
  6.1 厚肉CFRP積層板の面外方向疲労試験方法
  6.2 厚肉CFRP積層板の面外方向疲労寿命評価

受講対象者設計開発、品質管理、生産技術、製造技術等の分野で複合材料を用いた製品の研究開発、材料設計に関わる方、複合材料の疲労の基礎と評価について学習したい人など
学べる事・炭素繊維強化複合材料の基礎知識
・炭素繊維強化複合材料の損傷観察技術
・炭素繊維強化複合材料の疲労試験方法
・炭素繊維強化複合材料の疲労強度評価技術
・炭素繊維強化複合材料の疲労き裂進展評価技術
講 師細井 厚志 氏
早稲田大学 理工学術院 博士(工学) 准教授 >講師略歴
会場江東区産業会館 第1会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.