S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

高粘度流体の撹拌混合と脱泡技術およびトラブル対策

  • 日時:2017/01/30(月)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R170130-2
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  一般的に撹拌翼を用いる撹拌は界面からの気泡の巻込みやキャビテーションにより気泡が液中に混入し品質に悪影響を及ぼすことがあります。更に高粘度流体やゲル状のものは、撹拌も難しく脱泡は困難です。研究開発や生産現場で高粘度流体の撹拌で困っておられる方が、トラブル解決の糸口になるよういくつかの事例を動画や実物を紹介しながら専門外の方でも分かり易く解説致します。また、脱泡技術については、従来のテクニックを含め、撹拌翼を持たない自転公転式の撹拌脱泡のメカニズムや翼が回転しないスタティックミキサーの活用事例など解説していきます。
プログラム

1.はじめに
 1-1.高粘度とは 粘度 粘度の測定
 1-2.流体の分類 ニュートン流体 非ニュートン流体
 1-3.層流 乱流 撹拌レイノルズ数 撹拌所要動力特性

2.撹拌技術の基礎
 2-1.代表的な撹拌翼(低粘度、高粘度) 撹拌槽
 2-2.未撹拌領域について ドーナツリング(IMR)フローパターン
 2-3.邪魔板(バッフル)、界面の窪み、気泡の巻込み
 2-4.キャビテーション、ワイセンベルク効果、カバーン
 2-5.撹拌動力特性の測定、可視化実験のテクニック

3.撹拌時の気泡混入の要因と対策
 3-1.気泡が入ってしまったものを脱泡する技術
 3-2.静値、減圧脱泡、遠心脱泡、振動脱泡
 3-3.ストークスの式と脱泡

4.混ぜる時に気泡が入らない様に工夫する技術
 4-1.粘度差 比重差 液温について
 4-2.自転公転式撹拌、スタティックミキサー、手撹拌
 4-3.液送、液面、液深、脈流、連続式脱泡装置

5.その他の撹拌、脱泡技術、気泡を抑える技術
  自転公転式撹拌、スタティックミキサー

【名刺交換・質疑応答】

学べる事高粘度流体の撹拌混合技術
脱泡技術
講 師野辺 善仁 氏
アクシス(株) 代表取締役 >講師略歴
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.