S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

未然防止手法講座(DRBFM基礎演習)【大阪開催】

  • 日時:2017/02/06(月)  10:30~17:30
  • セミナー番号:R170206
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 DRBFMのツールを使い座学で学び演習で取得する
・未然防止の考え方
開発業務に即した未然防止の考え方
・DRBFMによる未然防止のプロセスを手順
 1.問題の見える化
  問題発見のために変更/変化点と機能/要求性能の見える化
 2.問題発見
  漏れのない問題発見の仕方と問題発見社内DRの仕方
 3.問題解決
  設計者が考えるための問題解決の仕方と問題解決社内DRの仕方
・未然防止の効果
プログラム

1.未然防止
 1-1.教育の狙い
 1-2.品質とは?
 1-3.未然防止とは?
 1-4.未然防止のツール

2.問題のみえる化
 2-1.全体の見える化の座学
 2-2.変更・変化点見える化演習
 2-3.機能・要求性能見える化演習

3.問題発見
 3-1.問題発見の座学
 3-2.問題発見の演習
 3-3.問題発見のグループDR

4.問題解決
 4-1.問題解決の座学
 4-2.問題解決の演習
 4-3.問題解決のグループDR

5.DRBFMの効果
 5-1.重要不具合件数削減
 5-2.クレーム費低減
 5-3.設計変更件数削減
 5-4.設計者のレベルアップ

【質疑応答・名刺交換など】

学べる事製品開発現場に必要な未然防止手法を取得
講 師鷲崎 正美 氏
(株)プラーナー シニアコンサルタント  >講師略歴
会場大阪市立中央会館 2F 第4会議室 大阪府大阪市中央区島之内2-12-31

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.