S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

リチウムイオン二次電池の特性評価法の基礎と応用

~充放電特性の解析、劣化評価、交流インピーダンス測定・評価など~

  • 日時:2017/02/28(火)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R170228
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  モバイル機器用途から、定置型蓄電、車などの大型用途まで、リチウム二次電池の市場はさらに広がりを見せています。そのために、リチウム二次電池の状態把握、安全性の確保がとても重要な開発課題になっています。
 そこでこの度、新規参入企業や新たに研究を始められた初学者にも分かりやすいように、リチウムイオン二次電池の特性評価法、特に充放電曲線の解析、インピーダンス特性・評価について基礎からじっくりと解説します。最新の開発測定法も紹介し、周辺の研究課題を明らかにします。 最初に、リチウム二次電池を理解する上で、少なくとも必要である基礎概念の解説を行います。次に、特性評価のために汎用されている充電放電曲線、サイクリックボルタモグラムの直流法と比較しながら、交流インピーダンス法の解説とその応答スペクトルの解説も行います。講義終了後には、受講者の講演内容に関するご質問に可能な範囲で回答いたします。
プログラム

1.電池反応の基礎
1-1.反応の基礎概念
  a.酸化還元電位、ネルンストの式、電気二重層、出力電位、
  b.ガスー格子モデル
  c.電極反応とは、過電圧、分極
 1-2.電極反応速度
 1-3.リチウムイオンの拡散過程

2.正・負電極用活物質のレドックス応答とその解析・評価
  a.負極のレドックス応答
  b.正極のレドックス応答
  c.正・負電極でのレドックス応答

3.直流各種評価法
  a.充放電曲線(エネルギー密度、レート特性、Newman モデル)
  b.充放電曲線の微分特性( OCV曲線とdV/dQ曲線)
  c.パルス法

4. 交流インピーダンス評価法
 4-1.測定法
  a.FRIと高速フリーリエ変換法(FFT)の特徴
  b.評価モデル等価回路
  c.活物質球状粒子表面上膜(SEI)界面と等価回路
  d.固体粒子/電解液界面での各種パラメータ
  e.最近の報告例のいくつか
 4-2.求められたインピーダンススペクトル(EIS)
  a.EISの温度、およびSOC依存性
  b.3D表示化

5.インピーダンス法による劣化診断および寿命診断
  a.市販電池でのインピーダンス応答
  b.評価用等価回路およびカーブフィッティング
  c.劣化挙動との関連性
  d.劣化度評価と寿命推定(機械学習法)

6.電池の性能確保に向けて
  a.電池作製プロセス
  b.界面制御
  c.化学修飾
  d.安全性対策

7.おわりに

受講対象者1.リチウム二次電池(LIB)の材料開発や評価法の開発に関わる
  研究技術者、
2.リチウム二次電池に関する研究プロジェクト企画者やマネージャー、
3.電池メーカー、自動車メーカー、メンテランスメーカーなどでLIBと
  関わる技術者
学べる事リチウムイオン二次電池の仕組み、充放電特性の見方、直流パルス応答の意味、交流インピーダンス法から得られるスペクトルの意味、電池状態把握の診断など。
講 師小山 昇 氏
エンネット(株) 代表取締役社長 工学博士 >講師略歴
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.