S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

高分子表面改質の基礎と応用

-熱アシストプラズマ処理・表面グラフト化・電子線照射還元法-

  • 日時:2017/03/17(金)  13:00~16:30
  • セミナー番号:R170317
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  「熱アシストプラズマ処理」「表面グラフト化」「電子線照射還元法」という3つのキーワードを元に、高分子表面改質の基礎から応用まで、実物のサンプルを交えながら解説します。皆様がご希望とされる用途(特に密着性向上、撥水撥油性付与、金属ナノ粒子の固定化等)へ貢献できれば幸いです。
プログラム

1. 熱アシストプラズマ処理
 1.1 表面とは
  1.1.1 無機物(セラミックス材料、金属材料)のバルクと表面
  1.1.2 有機物(高分子材料)のバルクと表面
 1.2 プラズマ
  1.2.1 第4の状態
  1.2.2 プラズマの利用例
  1.2.3 プラズマ処理技術の位置付け
  1.2.4 プラズマの生成方法と種類(方式、放電形態、圧力)
 1.3 プラズマ処理した表面の分析方法
  1.3.1 表面エネルギー測定(接触角測定)
  1.3.2 フーリエ変換赤外線分光(FT-IR)測定
  1.3.3 X線光電子分光(XPS)測定
  1.3.4 飛行時間型二次イオン質量分析(TOF-SIMS)
  1.3.5 電子スピン共鳴(ESR)測定
  1.3.6 表面硬さ測定(ナノインデンター)
  1.3.7 走査型電子顕微鏡(SEM)観察
  1.3.8 原子間力顕微鏡(AFM)観察
 1.4 プラズマ処理による表面改質
  1.4.1 プラズマ処理中に使用するガス種とその効果
  1.4.2 プラズマ処理中の圧力とその効果
      (低圧・中圧プラズマvs大気圧プラズマ)
  1.4.3 プラズマ処理中の温度とその効果
      (通常プラズマvs熱アシストプラズマ)
  1.4.4 熱アシストプラズマ処理によるフッ素樹脂と異種材料(ゴム・
      銅・銀)の強力接合

2. 表面グラフト化
 2.1 グラフトと表面グラフト化
  2.1.1 グラフト
  2.1.2 表面グラフト化
  2.1.3 グラフト用分子
 2.2 自己組織化単分子膜
  2.2.1 単分子膜の構造
  2.2.2 単分子膜の特徴
  2.2.3 単分子膜の作製方法(液相法と気相法)
  2.2.4 単分子膜の構成分子
  2.2.5 自己組織化の反応工程
 2.3 表面グラフト化による機能性付与
  2.3.1 金属イオンの捕捉
  2.3.2 密着性の向上(分子接着剤)
  2.3.3 DNAの固定化
  2.3.4 撥水撥油性の付与(防汚性の付与)
  2.3.5 超撥水性の実現(海洋生物付着防止・着氷着雪防止)

3.電子線照射還元法
 3.1 放射線(電子線を含む)
 3.2 直接作用と間接作用
  3.2.1 放射線照射による水の放射線分解
  3.2.2 放射線照射による樹脂の表面改質
  3.2.3 放射線照射によるグラフト化
 3.3 電子線照射還元法による金属ナノ粒子の生成
 3.4 電子線照射還元法による金属ナノ粒子の固定化
 3.5 電子線照射還元法による機能性付与
  3.5.1 磁性ビーズの合成(Au/Fe3O4ナノ粒子の合成)
  3.5.2 光触媒の活性向上(Pt/TiO2の合成)
  3.5.3 燃料電池用触媒の合成(PtRu/C, PtCu/ Fe2O3ナノ粒子の合成)
  3.5.4 抗菌性の付与(繊維へAgナノ粒子を固定化)
  3.5.5 触媒性の付与(樹脂基板へPtナノ粒子を固定化)

【質疑応答・名刺交換】

受講対象者 材料メーカー、加工メーカーの表面改質に携わる方(初心者から中級者まで)。
 特に、高分子(特にフッ素樹脂)の表面改質(特に異種材料との接着)でお困りの方に お奨めです。高等学校で学ぶ物理・化学の知識があれば理解できる内容になっています。化学や物理が苦手な方も聴講可能な内容です。表面の分析・観察方法について紹介し、データの見方についても解説します。そして、機器分析に関連する練習問題もご用意しています。
学べる事・プラズマとは何かを理解できるようになります。
・プラズマ処理と他の表面処理との違いについて理解できるようになります。
・表面改質した樹脂表面の分析手法・観察手法に関する知識が得られます。
・大気圧プラズマ処理と低圧プラズマ処理による表面改質の違いを理解できるよ
 うになります。
・フッ素樹脂(PTFE)の密着性を劇的に向上させる熱アシストプラズマ処理を
 理解できるようになります。
・表面グラフト化の手法に関する知識が得られます。
・自己組織化単分子膜による機能性の付与方法に関する知識が得られます。
・電子線照射還元法とは何かを理解できるようになります。
・電子線照射還元法による金属ナノ粒子の固定化方法に関する知識が得られ
 ます。
講 師大久保 雄司 氏
大阪大学 大学院工学研究科 附属超精密科学研究センター
助教 博士(工学) >講師略歴
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円(すべて税込)
学校関係者:10,800円(税込)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
※学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.