S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 機能性コーティングによる耐指紋、防汚性の評価技術【大阪開催】
このセミナーは既に終了しております。

機能性コーティングによる耐指紋、防汚性の評価技術【大阪開催】

  • 日時:2017/09/04(月)  13:00~16:30
  • セミナー番号:R170904-3
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  各種材料の表面改質技術として、機能性コーティング加工について紹介する。特に防汚コーティングでの粉塵、指紋等の汚染物質に対する付着機構について、及び防止加工として超撥水、超親水機能を持つナノシリカ系コーティング剤による耐指紋性、防汚性について、その評価技術について説明する。
プログラム

1.指紋成分と付着機構、その防汚性について
 1-1.汚れ成分の付着機構
 1-2.防汚性の評価方法について
 1-3.防汚性の基準化について

2.耐指紋性の評価について
 2-1.各種汚染物によるスポット試験
 2-2.耐久性、耐候性試験での評価
 2-3.実使用条件との汚れ具合の相関性、まとめ

3.機能性コーティング剤について
 3-1.機能性膜成分の評価
 3-2.機能性塗膜の評価
 3-3.要求される機能の評価
 3-4.耐指紋性評価の考え方について
 3-5.汚れ防止機能の持続性の評価

4.ナノシリカ系コーティングによる表面改質について
 4-1.疎水性ナノシリカの特徴とその働き
 4-2.表面観察、汚れはじき、フラクタル形態での防汚効果
 4-3.超撥水での耐候性の評価

5.超親水コーティングによる表面改質について
 5-1.親水化ポリマーの原理とその働き
 5-2.親水化機能による防汚効果
 5-3.セルフクリーニングと持続性、外観の変化

6.使用時想定での加速・促進試験とその試験装置について
 6-1.屋外暴露による耐光性試験について
 6-2.凍結-過熱サイクル試験による耐久性試験について
 6-3長寿命化に向けた取り組み方法について
 6-4.色差計、反射計を用いた測色方法による劣化状態の数値化、
   標準化について
 6-5.気候、環境での再現性とズレの発生要因について
 6-6.地域差事例(沖縄の塩害、フロリダの耐光、カナダの耐寒)の考え方に
   ついて
 6-7.「あくまで目安」「顧客との同一目線での開発リスク」での保証体制

7.実際の塗膜での防汚機能の劣化と保証に関するまとめ
 7-1.長期性能維持のための保証について
 7-2.顧客への保証期間の設定方法とその劣化する事実への説明方法について
 7-3.通常の使用条件、使用環境によるモデル事例での紹介について
 7-4.実験室データと現場の長期耐候性との相関性について

【質疑応答・名刺交換】

講 師南保 幸男 氏
南保技術研究所 所長 博士(工学)  >講師略歴
会場大阪産業創造館 5F 研修室E 大阪市中央区本町1-4-5

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.