S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • CFRPの基礎およびインダストリアルCFRPと熱可塑性CFRPの最新技術動向 【大阪開催】
このセミナーは既に終了しております。

CFRPの基礎およびインダストリアルCFRPと熱可塑性CFRPの最新技術動向 【大阪開催】

  • 日時:2017/09/08(金)  10:00~17:00
  • セミナー番号:R170908
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  近年、輸送機器の軽量化を目的に、鋼から軽金属、さらに樹脂化へ材料代替が積極的に進められています。とくに、軽くて強いというキャッチフレーズで、炭素繊維で強化したプラスチック(CFRP)に大きな注目が集まっており、旅客機に加え、量産車への採用が始まっています。しかし、材料および製造コストが高く、その需要拡大は容易なことではありません。CFRPに未来はあるか?参入すべきかどうか?CFRPにおける我が国の強みと弱み何か?CFRPの量産・再利用において熱可塑性CFRPは有用か?CFRPを安く提供するには?ガラス繊維はどうか?金属とCFRP、金属と樹脂との接合はどうか?マルチマテリアル化に必要な接合は?金型製造業におけるCFRPへの進むべき道は?など、課題が山積しています。
 本セミナーでは、CFRPについての基礎的な内容から、熱硬化性CFRPの適用事例として金属とのハイブリッド化の有効な産業機器への用途(インダストリアルCFRP)について紹介し、熱可塑性CFRPの材料や特性、量産化のための様々な製造技術、さらに熱可塑性CFRP特有の融着接合法について、欧州での最新事例と演者らが行った産学連携による研究開発事例を紹介し、今後の熱可塑性CFRPの用途拡大への解決策と自動車産業におけるCFRPの近未来を予測します。今回は特に欧州での最新事例として、昨年3月および今年3月にパリで開催された世界最大規模の複合材料に関する展示会(JEC World 2016とJEC World 2017)でのトピックの移り変わりに加え、昨年6月にミュンヘンで開催された欧州複合材料学会(ECCM-17)で発表された最新の研究成果、また昨年10月にブレーメンで開催される熱可塑性CFRPの国際会議・展示会(ITHEC2016)会議での最新情報をわかりやすく紹介し、欧州でのCFRPの勢いをお届けします。
プログラム

1.CFRPとは?なぜCFRPか?インダストリアルCFRPとは?
 1.1 熱硬化性CFRPの適用事例
 1.2 マルチマテリアル化事例
 1.3 金属とCFRPのハイブリッド化
 1.4 熱硬化性CFRPの産業機器への適用事例
 1.5 ロボットワイヤーソー(RWS)によるハニカム・CFRPへの精密切断

2.熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRP
 2.1 熱硬化性CFRPの利点と欠点
 2.2 熱可塑性CFRPが注目される理由
 2.3 これまでの熱可塑性CFRPとの違い
 2.4 熱可塑性CFRPの用途拡大を阻む理由

3.熱可塑性CFRP材料
 3.1 熱可塑性樹脂の種類
 3.2 熱可塑性CFRP材料の製造方法
 3.3 熱可塑性CFRPの特性
 3.4 中間材料の各種製造方法とその長短所

4.熱可塑性CFRPの製造法
 4.1 加熱プレス成形と打ち抜き
 4.2 ハイブリッド射出成形
 4.3 自動テープ/ファイバ積層
 4.4 引抜き成形と押出し成形
 4.5 3次元プリンタによる成形とその材料
 4.6 熱可塑性CFRPのための加熱方法と各種ヒーターの特徴
 4.7 熱可塑性CFRPの加熱プレス成形の型設計の注意点
 4.8 熱可塑性CFRPのハイブリッド射出成形時の加熱・搬送

5.熱可塑性CFRPの融着接合技術
 5.1 熱硬化性と熱可塑性CFRPの接合法の違い
 5.2 熱可塑性CFRPの融着接合法の種類
 5.3 高周波誘導融着接合法の特徴と織物CF/PPS積層板での接合事例
 5.4 超音波式融着接合法の特徴と織物CF/PEEKと一方向CF/Epの接合事例
 5.5 電気式融着接合法の特徴と織物CF/PA66とCF/PPS積層板での接合事例
 5.6 レーザー融着接合法の特徴

6.熱可塑性CFRPの再利用技術
 6.1 破砕・粉砕方法
 6.2 破砕片の混練およびスクリューの表面処理
 6.3 再生材の押出成形および課題
 6.4 再生材の加熱圧縮・加熱プレス成形とその物性

7.欧州での熱可塑性CFRPの最新技術動向
 7.1 JEC World 2016とJEC World 2017展示会での話題の移り変わり
  (1) 自動車の軽量化への適用事例、鋼板プレス部材との接合
  (2) テキスタイルプリフォームからテーラードプリフォームへ
  (3) テープ・ファイバ・パッチプレイスメント
  (4) 引抜き材のインサート射出成形
  (5) 熱可塑性CFRPのパイプ製造法
  (6) 熱可塑性CFRPのコイルばねと医療用ネジ
  (7) カーボンSMCによる設計負荷低減と成形性の改善
  (8) 軽量化に有効なガラス繊維FRPなど
 7.2 ECCM-17国際会議での研究事例紹介
 7.3 ITHEC2016会議での研究事例紹介

8.熱可塑性CFRPの課題と今後のCFRP応用展望
 8.1 熱可塑性CFRPの自動車部材への適用
 8.2 熱可塑性CFRPの産業用機器への展開
 8.3 熱可塑性CFRPの低コスト量産化のための材料と製造技術
 8.4 熱可塑性CFRPを採用するにあたり検討すべきことは何か?
 8.5 CFRPの用途拡大に最も重要なことは何か?
 8.6 自動車産業におけるCFRPの近未来予測

9.個別技術相談
 セミナー終了後、個別技術相談に対応いたします

 【質疑応答・名刺交換】

受講対象者CFRPに関心ある方ならば、自動車、産業機器、建設機器、家電などのメーカーの
方々、金属加工業やプラスチック製造業、商社、営業や研究者など業種に問わず
どなたでも受講頂けます。
特に予備知識は必要ありません。基礎から最新技術まで丁寧に分かりやすく解説
いたします。
学べる事・熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRPの特徴と適用事例
・2つの異なるCFRPと最近の国産車への採用例
・マルチマテリアル化と欧州車への採用例
・欧州の先進的なCFRP自動化製造装置
・国内の強みは「インダストリアルCFRP」
・CFRPにおける国内の製造業が進むべき道
・欧州での熱可塑性CFRPの最新技術動向
講 師西籔 和明 氏
近畿大学 理工学部 教授 博士(工学) >講師略歴
会場滋慶医療科学大学院大学 11F 講義室3 大阪市淀川区宮原1-2-8

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.