S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

Excel VBAを用いた光学多層膜・フィルムの解析と最適設計

~PC実習付き・参加者にExcel VBAプログラムを配布~

  • 日時:2017/09/19(火)  10:30~17:00
  • セミナー番号:R170919
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  光学多層膜の解析に必要な光学の基礎理論を解説します。さらに、多層膜の設計を行うための最適設計手法の解説を行います。設計の基礎を体験するため、光学多層膜の特性解析と最適化ができるExcel VBAプログラムを提供します。このプログラムを使って、各種フィルター、反射防止コート、各種ミラー、斜入射フィルター、エッジフィルター、赤外線反射フィルムなどの多層膜構造の導出が可能です。このほか応用事例として、太陽電池用反射防止膜、有機EL薄膜構造や超多層フィルムの光学解析と最適設計について紹介します。自習に役立つ関連書籍の解説も行います。
プログラム

1.光学の基礎理論
  1.1 光について
  1.2 光の表示式
  1.3 入射光,反射光,透過光
  1.4 反射率と透過率
  1.5 偏光と吸収

2.薄膜の基礎理論
  2.1 光波の干渉
  2.2 単層膜による反射と透過
  2.3 多光波の干渉
  2.4 干渉フィルター,反射防止膜

3.光学多層膜の特性値解析
  3.1 光学多層膜における反射光・透過光
  3.2 マトリクス法による光学特性計算
  3.3 光学多層膜解析プログラム
  3.4 解析プログラムの使用法
  3.5 光学多層膜の解析例
  3.6 分散,吸収の取り扱い
  --- 多層膜の分光反射率解析実習 ---

4.光学薄膜の最適設計法
  4.1 光学多層膜の解析と設計について
  4.2 設計問題と最適化
  4.3 最適化手法
  4.4 勾配法の概要
  4.5 最適化のためのExcel VBA プログラム
  4.6 最適化プログラムの使用法
  --- 設計仕様を満たす薄膜構造の最適化計算実習 ---

5.最適設計の例題
  5.1 光学薄膜の最適設計について
  5.2 反射防止膜
  5.3 IRカットフィルター
  5.4 UVカットフィルター
  5.5 コールドミラー
  5.6 赤外線反射多層フィルム
  5.7 応用解析の紹介
  (太陽電池用反射防止膜,有機EL多層膜,超多層フィルムなどの光学解析
   と最適設計)

6.参考書の解説

【質疑応答・名刺交換】

講 師中村 正行 氏
信州大学 工学部 環境機能工学科 教授 博士(工学) 
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。

※持参物:ExcelがインストールされたノートPC(Windows7 or 8、Microsoft
     Excel2010 or 2013を推奨)
     USBメモリ(当日演習で使用したExcel VBA プログラムをお持ち帰り
     いただけます。)
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.