S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

世界の食品包装規制の最新動向・展望

  • 日時:2017/09/22(金)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R170922
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  食品の交易増加に伴い、世界中で食品包装規制の整備が進展している。日本では本年5月、厚労省は漸くPL制度化を決め、施行は2020年の東京五輪頃と推測される。一方、溶出試験条件の改正審議は時期未定であり、国際的には大きく後れを取っている状況である。EUはプラスチック規則が略完成し、来年中頃に印刷インキのPL制定見込みであり、今や国際標準となったと言える。米国は独自の製品登録制度が定着し、中国は昨年10月にEU類似の国家標準への大改正を公布し、略欧米並みの法体系を作り上げた。韓国と台湾はPL審議中、ASEANは共同基準化を検討中であり、湾岸諸国と南米諸国はEU類似の共同基準作りを進めている。
 企業としてはこれらの最新動向を把握し、確実な対応が必要となる。これらの法規制の最新動向と今後の展望に関し解説する。
プログラム

1.初めに ―包装を取り巻く環境―

2.日本の食品包装の法規制類
 2.1 食品衛生法:規制対象と規格
 2.2 業界自主基準:樹脂・添加剤のPL、印刷インキ・接着剤のNL

3.欧州連合(EU)の規制
 3.1 食品接触物質とプラスチックの規則の概要
 3.2 印刷インキ・接着剤、コーティング剤のPL化

4.米国の規制
 4.1 連邦規則集・接着剤のPL・製品別登録制度の定着
 4.2 食品安全近代化法

5.日欧米の現状比較と日本の課題及び国際的整合化に向けた進捗状況
 5.1 乳等省令統合案及び溶出試験条件改正案
 5.2 本年5月のPL制度化方針の概要及び今後の法制化見込み

6.中国・東南アジア・オセアニア等の最新動向
 6.1 中国
 6.2 韓国、台湾、インド、インドネシア、ベトナム、タイ等
 6.3 オセアニア
 6.4 湾岸諸国、南米南部諸国等

7.食品包装規制の最新動向のまとめと展望:EU規則が世界標準に略定着・日本
  は?


8.まとめ ―企業としての対応と留意点―

9.参考文献と情報入手先

講 師西 秀樹 氏
日本包装専士会 顧問(元会長)
会場江東区文化センター 3F 第3研修室 東京都江東区東陽4-11-3

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.