S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計

  • 日時:2017/09/29(金)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R170929-2
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  ポリイミドは耐熱性や機械特性に優れていることから、スーパーエンジニアリングプラスチックとして広く利用されてきた。しかし、近年のオプトエレクトロニクス分野などの著しい進展に伴って、さまざまな機能を有する耐熱性のポリイミドが、その要求特性に応じて開発されてきた。
 本講演では、機能性ポリイミドをどのように分子設計して合成したらよいのか、またどのように機能化を行ったらよいのかについて、それぞれの機能性ポリイミドの合成と機能設計について平易に解説します。特に、熱特性、可溶性、透明性、屈折性、誘電性、感光性などの機能性をポリイミドに付与するための分子設計の指針を示します。また、機能性ポリイミドの例として、トリアジン系ポリイミドをとりあげ、その分子設計および材料設計についても紹介します。  
プログラム

1.はじめに

2.ポリイミドの合成法
  2-1 二段階法
  2-2 一段階法

3.ポリイミドの機能設計
  3-1 熱特性ポリイミド
   3-1-1 非熱可塑性
   3-1-2 熱可塑性
   3-1-3 熱硬化性
  3-2 可溶性ポリイミド
   3-2-1 線状構造
   3-2-2 多分岐構造
  3-3 透明性ポリイミド
   3-3-1 可視光透明性
   3-3-2 近赤外線透明性
  3-4 屈折性ポリイミド
   3-4-1 低屈折率
   3-4-2 高屈折率
  3-5 低誘電率ポリイミド
   3-5-1 化学構造
   3-5-2 高次構造
  3-6 感光性ポリイミド
   3-6-1 ネガ型
   3-6-2 ポジ型
  3-7 その他
   3-7-1 プロトン伝導性
   3-7-2 液晶配向性
   3-7-3 複合化(ハイブリッド化)

4.トリアジン系機能性ポリイミド
  4-1 トリアジン系ポリイミドの分子設計
  4-2 トリアジン系ポリイミドの機能化

5.おわりに

【質疑応答・名刺交換】

講 師大石 好行 氏
岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 化学コース 教授 工学博士
≪専門≫高分子合成化学(特に縮合系高分子の合成)、機能性高分子化学
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円 案内会員:1名47,250円,2名49,980円
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.