S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

企業人が使う機器分析入門

  • 日時:2017/10/25(水)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R171025
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  これから機器分析を始めようとする方に対して、装置を実際的に利用できるように、ブラックボックス化している現在の分析装置の簡単な測定原理、および何にどのように機器分析装置を適用したらよいかを全体を網羅しながら解説します。また化学が専門でなくても機器分析に必要な分析化学的な項目を必要な範囲に限って簡単に紹介します。
受講後には以下のようなケースでも困らずに機器分析の活用が可能になります。
 ・実際の現場でいかに分析するか(実用的な分析)
 ・どの分析装置でどの順番に分析するか
 ・保有している分析装置のみでいかにアプローチするか
 ・外部を含めて、どのように分析結果を出すか など
40年間のノウハウ・取り組み方をまとめて伝授いたします。
プログラム

1.機器分析全体をみて
  1-1 機器分析で大事なこと
  1-2 分析サンプルの取り扱い
  1-3 分析のレベルを考えて

2.見る・観る分析
  2-1 まず見ることの重要性
  2-2 形態観察の手法
  2-3 光を使う観察
  2-4 電子などを使う観察

3.分ける・決める分析
  3-1 分ける方法(分離分析の装置と活用法)
  3-2 決める分析(構造解析の装置と活用法)
  3-3 異物の解析
  3-4 有機材料の総合的な解析

4.測る・量る分析
  4-1 無機材料の定量分析
  4-2 有機材料の定量分析
  4-3 微量なものの定量分析

5.その他の分析
  5-1 表面分析の装置と活用法
  5-2 熱分析の装置と利用
  5-3 非破壊・現場での分析装置

6.装置の組合せ
  6-1 複合化された装置の利用
  6-2 保有している装置を組み合わせて

7.まとめと質疑
  7-1 分析装置の全体観と使い方のまとめ
  7-2 抱えている問題への解決法(皆様からのご質問により)

受講対象者初心者向け。これから分析装置を使用しようとする方、機器を操作したがもう少しうまく活用したい方、部署を異動してこれまでとは異なる分野の分析装置を使われる方や、これから研究開発や品質保証を行うために広く分析技術を習得したい方、などを対象とします。
学べる事・機器分析装置の簡単な原理と利用の仕方
・機器分析装置の実用的な活用法
・分析サンプルの取り扱い方
・機器分析に必要な分析化学的な知識(pH、酸化還元など) など
講 師米森 重明 氏
米森技術士事務所 代表 博士(工学) 技術士(化学部門)  >講師略歴
会場江東区産業会館 第1会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
特典:「化学分析・評価の現場実務」米森 重明著 2015年10月刊を
    受講者全員にお渡しします
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.