S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • パワー半導体デバイスを用いたマイクロ波加熱およびエネルギー応用
このセミナーは既に終了しております。

パワー半導体デバイスを用いたマイクロ波加熱およびエネルギー応用

~化学・材料・バイオ・ナノ材料・プラズマ・自動車・水素貯蔵・
        医療・水処理・植物有効育成・電子レンジでの利用例~

  • 日時:2017/11/22(水)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R171122
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  電子レンジなどで利用されているマイクロ波を化学、材料、生物分野に応用する試みが盛んに行われている。しかし、その本質を利用したプロセスはほとんどない。本講演では、マイクロ波加熱の利点(マイクロ波加熱と通常加熱の違い)について、実例をもとに解説する。また、近年盛んに研究開発が進んでいるパワー半導体(マグネトロンの代替え)について、その特徴などを明確に解説する。
さらに、パワー半導体を用いた化学・材料・バイオ・ナノ材料・プラズマ・自動車・水素貯蔵・医療・水処理・植物有効育成・電子レンジ分野におけるマイクロ波加熱・エネルギー利用を分かり易く例を交えて解説する。また、世界的動向の紹介や応用展開のトレンドについても解説しながら、最新の部分加熱が可能な電子レンジなどについても触れる。
プログラム

1.マイクロ波加熱・エネルギー基礎編
  1-1 マイクロ波加熱とほかの加熱の比較
  1-2 マイクロ波加熱を使いこなすには…
  1-3 マイクロ波と試料の関係は?
  1-4 マイクロ波加熱と試料の注意点は?
  1-5 既存法では得られないマイクロ波加熱の恩恵を使いこなす
   1-5-1 スーパーヒーティング
   1-5-2 逆の温度分布
   1-5-3 選択加熱
   1-5-4 周波数効果

2.半導体発振器
  2-1 マグネトロンと半導体発振器の比較
  2-2 半導体発振器の利点は?
  2-3 半導体発振器の難点は

3.半導体発振器の加熱・エネルギー利用事例
  3-1 化学・材料合成技術
  3-2 バイオ技術
  3-3 ナノ材料合成技術
  3-4 プラズマ発生技術
  3-5 自動車技術
  3-6 水素貯蔵技術
  3-7 医療技術
  3-8 水処理技術
  3-9 植物有効育成技術
  3-10 電子レンジ技術

4.今後の予測
  4-1 発展分野
  4-2 世界的状況

受講対象者化学、材料、生物分野に携わる研究者や技術者でマイクロ波加熱に興味を持つ初心者。
実際に使われている方で、トラブルを回避されたい方。
食品加熱を含んだ新しいマイクロ波加熱に興味を持たれている方。
パワー半導体の加熱・エネルギー利用を展開されたい方。
学べる事マイクロ波加熱の基礎、実施例、失敗事例から学ぶ回避法、新情報や世界的動向
講 師堀越 智 氏
上智大学 理工学部 物質生命理工学科  准教授 博士(理学) 
マイクロ波サイエンス研究センター センター長
  >講師略歴
会場江東区産業会館 第1会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.