S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

非特許文献の調査法とその生かし方

~開発業務に有効な情報収集手法~

  • 日時:2017/11/22(水)  12:30~16:30
  • セミナー番号:R171122-2
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  本講義では、研究開発者、技術者、特許担当者にとって必要な非特許文献調査の基礎を解説します。
研究開発者や技術者が自ら論文など非特許文献調査を行う場合に、ポイントとなる事項を、実例を交えながら説明します。特に、無料で使える非特許文献データベースの事例を中心に採り上げ、わかりやすく講義します。
プログラム

1.非特許文献調査の目的
 1-1.先行する研究の把握
 1-2.引用文献の明示
 1-3.著作権法上の引用とは
 1-4.他社特許の無効化

2.非特許文献の調査方法
 2-1.無料データベースの紹介 Google Scholar、J-STAGE、J-GLOBAL他
 2-2.有料データベースの紹介 JDreamⅢ、Proquest Dialog 他
 2-3.図書館での調査方法
 2-4.文献取り寄せ方法

3.調査・検索時の注意事項
 3-1.どのデータベースを選択するか
 3-2.キーワードや技術分類選択時の注意点
 3-3.検索式作成のコツ
 3-4.無料データベース使用時の注意点
 3-5.有料データベース使用時の注意点
 3-6.引用情報の活用

4.非特許文献調査の実例
 4-1.まず目的の技術が載っていそうな論文・雑誌を探す
 4-2.無料データベースを用いた調査実例
 4-3.有料データベースを用いた調査実例

5.おわりに

学べる事研究開発者や技術者が非特許文献調査に習熟することで、文献情報が開発テーマ設定の参考になり、重複開発を回避することができます。また、文献調査に費やす時間が短くなり、開発など本来の業務に費やす時間が増えます。これにより、仕事の効率が上がります。さらに、検索が上手になれば、有料データベース使用料も減り、コスト削減にもなります。
講 師角田 朗 氏
(株)IPRC 代表取締役
角田特許事務所 所長 弁理士 >講師略歴
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.