S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

加速寿命試験と寿命データ解析の基礎【PC実習付】

  • 日時:2017/11/29(水)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R171129
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  本セミナーでは、寿命評価技術の基本である加速寿命試験法とその結果としての寿命データの解析法について解説し演習する。
 信頼性試験では加速寿命試験は必須である。加速寿命試験では対象や目的ごとに加速手段は異なるが、基本的には温度、電圧・電界、電流(密度)、湿度、熱・機械的ストレス、などによる加速が行われる。
 まず、加速寿命試験と加速寿命データ解析の基礎を講義する。その後、加速寿命試験の結果得られる寿命データの解析の仕方をワイブル解析と対数正規解析に的を絞って講義し、演習する。また、解析結果を元にした信頼性予測法を解説し、演習する。
 実際にExcelを用いてワイブル解析と対数正規解析そして、その解析結果を用いた信頼性予測ができるところまで解説し演習する。
 応用編として、確率プロットが直線にのらない場合の対処法と解析の実態を紹介する。
 受講者自身がデータを持参すると演習中にそのデータを解析することもできる。理解が不十分でも解析できるように、Excelのテンプレートも提供する。Excelテンプレートと演習中に作成したファイルは持ち帰って、有効に活用できる。
プログラム

1.加速寿命試験の基礎

2.加速寿命データ解析に必要な基礎的事項
  2-1 バスタブカーブ
  2-2 寿命データの種類、解析の目的、解析法の種類
  2-3 寿命データ解析に必要な確率・統計の基礎的概念・用語

3.寿命データ解析の基礎
  3-1 寿命データ解析の位置付けと本講義で扱う範囲
  3-2 寿命データ解析と信頼性予測に必要な寿命分布
  3-3 寿命データ解析法
  3-4 信頼性予測法

4.Microsoft Excelを使った寿命データ解析と信頼性予測
  4-1 Excelによるワイブルプロットと対数正規プロットの手順
  4-2 Excelによる累積ハザード解析の手順
  4-3 Excelによる信頼性予測

5.応用編
  5-1 確率プロットで直線にならない場合の対処法
  5-2 IRPS (信頼性物理国際会議) にみる寿命データ解析の使われ方

6.演習
  ・Excelを使った寿命データ解析(ワイブル解析、対数正規解析)と信頼性予
   測

受講対象者・電子部品、半導体デバイスの信頼性担当者
・寿命加速試験や信頼性予測に関連した業務に携わる技術者、研究者
・ワイブル解析や対数正規解析の基礎を習得したい人
学べる事・加速寿命試験、寿命データ解析の基礎が理解できる。
・寿命データが通常のデータとどこが違うのかが理解できる。
・寿命データ解析法の基礎が修得できる。
・信頼性予測法の基礎が修得できる。
・寿命データを解析できるようになる。
・信頼性予測ができるようになる。
講 師二川 清 氏
金沢工業大学 客員教授 工学博士 >講師略歴
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①持参物:PC実習がございますので、ノートパソコンのご持参をお願いします。
    ※MacでもWindowsでもOfficeのExcelが入っていれば、
    特に制限はありません。

定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.