S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

基礎から学ぶフィラー活用術

  • 日時:2018/01/19(金)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R180119
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  フィラーはポリマーと複合化し、ポリマーの特性を大きく向上させたり、新たな機能を付与するために用いる無機・有機化合物であり球状、板状、繊維状の多様な形状で、数十μm~数nmの幅広いサイズで、かつ多様な化合物が利用されています。所望のフィラー充塡コンポジットを得るためには、フィラーそのものの十分な理解と選択が必要となるほか、ポリマーの種類に合わせた分散性の均質化や複合界面の設計のためのフィラー表面処理、ポリマーとの混合・混練技術といった多岐にわたる知見が必要となります。これらの一連の技術により要求特性に合致したフィラー充塡コンポジットが実用化されていますが、経験則で検討が進められる側面もありその理解を難しく感じられる方もいると思います。
 本講座では、この分野で40年近く研究開発に携わっている経験に基づいて、上記の技術を俯瞰し系統的に理論づけした内容を解説します。
また、実務に活用頂けるよう各技術の実際やノウハウ・ポイントも押さえて解説します。現在開発競争にしのぎを削っているナノコンポジット、カーボンコンポジット、高熱伝導性コンポジットなどの研究開発にはこれら技術の理解がなければ、ブレークスルーが出来ないと考えています。現在、取り組まれている課題解決の一助になればとの思いで講演します。
プログラム

1.フィラーの基本理解
  1-1 フィラーの役割
  1-2 組成物の特性改善・機能性付与におけるフィラー作用効果の原理
  1-3 フィラーの能力を引き出すための要点

2.フィラーの化合物としての分類と性質・機能
  2-1 難溶性塩フィラー
  2-2 天然複合酸化物
  2-3 合成複合酸化物
  2-4 酸化物
  2-5 水酸化物化物&窒化物
  2-6 炭素系&ポリマー系
  2-7 機能性フィラーの代表例とその機能
  2-8 フィラーを化合物として捉えることの重要性
  2-9 用途・目的に応じたフィラー選択のポイント

3.フィラーの表面処理と複合界面の制御
  3-1 フィラーの表面とその形成過程
  3-2 表面処理の目的と表面処理剤の役割
  3-3 表面処理剤の種類とフィラー表面との反応機構
  3-4 シランカップリング剤の用法と表面反応およびその解析
  3-5 機能性フィラーの表面処理のポイント
  3-6 表面処理の方法とノウハウ
  3-7 乾式処理
  3-8 湿式処理

4.ポリマーとフィラーとの混合・混練技術
  4-1 ゴム・熱可塑性樹脂の混練のポイント
  4-2 熱硬化性樹脂の混合と分散のポイント
  4-3 ポリマー/フィラー界面状態とフィラーの分散性・組成物の特性との
     関係
  4-4 ポリマー/フィラー界面の評価方法

5.ナノコンポジットの現状と可能性
  5-1 ゴムを先達としたナノフィラーの活用術と分散技術
  5-2 ナノコンポジットの現状
  5-3 ナノコンポジットで出来ること・出来ないこと
  5-4 ナノコンポジットの本質と今後の展開

講 師永田 員也 氏
富山県立大学 客員教授 (元旭化成ケミカルズ 特級高度専門職) 
会場江東区産業会館 第2会議室 東京都江東区東陽4-5-18

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.