S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 自動車騒音・振動対策と防音・制振材料の要求性能・将来展望
このセミナーは既に終了しております。

自動車騒音・振動対策と防音・制振材料の要求性能・将来展望

  • 日時:2018/01/29(月)  10:30~16:30
  • セミナー番号:R180129
  • 主催:R&D支援センター
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  昔の自動車に比べ、現代の自動車は静かになっていると実感できていると思います。騒音・振動対策は品質、質感の向上に寄与してきています。その間、単に、静粛性の向上をしてきただけではなく、各時代の要請(出力向上、運動性能向上、排ガス規制、リサイクル、衝突安全性の向上、材料の使用規制、CO2排出削減など)との両立をはかりながら進化してきています。静粛性能に、制振材・防音材や、これらの機能を含む内装も一翼を担ってきており、時代の要請に応えながら質感向上に寄与できてきました。しかし,電気自動車の将来の広がりや自動運転に注目が集まるなど、自動車業界を取り巻く環境はさらに変化していきそうです。これらの環境の変化に、さらに対応していく必要がでてきている気がいたします。
 本セミナーでは、これらを踏まえ、自動車騒音・振動対策と防音・制振材料についてCAEも含めて考え、現状認識をあらたにし、将来展望について考えたいと思います。
プログラム

1.現状認識と展望(自動車の騒音・振動対策と制振・防音材料の説明)

2.制振材+車体構造の振動特性と要求性能
 2-1. 制振材の制振機構
 2-2. 制振材+平板の制振機構
 2-3. 制振材+車体構造の制振機構
 2-4. 自動車用制振材の要求性能
 2-5 制振特性のコンピュータシミュレーション,CAE

3.自動車用の防音材の特性と要求性能
 3-1. 各種吸音構造の吸音機構
 3-2. 多孔質材+表面材の吸音性能
 3-3. 各種遮音構造の遮音機構
 3-4. 積層防音構造の遮音性能
 3-5. 各種構造の吸音性能と遮音性能の同時評価
 3-6. 自動車用防音材の要求性能
 3-7 吸音・遮音特性のコンピュータシミュレーション,CAE

≪質疑応答・名刺交換≫

講 師山口 誉夫 氏
群馬大学 理工学府 知能機械創製部門 教授
会場商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室 東京都江東区亀戸2-19-1

MAP

受講料
(税込)
非会員:49,980円(案内会員:1名47,250円,2名49,980円)
※昼食・資料付
※案内会員(無料)登録していただいた場合、通常1名様49,980円から
 ★1名で申込の場合、47,250円へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名様とも会員登録された場合、計49,980円(2人目無料)で
  す。
備考①定員:30名
    ※ 現在、お申込み可能です。
    満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考②本セミナーの事務処理・受講券の発送等はR&D支援センターが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.