S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • 安全なリチウムイオン電池設計に向けた熱シミュレーションおよび発熱測定
このセミナーは既に終了しております。

安全なリチウムイオン電池設計に向けた熱シミュレーションおよび発熱測定

  • 日時:2017/05/17(水)  13:30~16:30
  • セミナー番号:T170517-2
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  リチウムイオン電池は小型携帯機器用の電源として広く用いられており、最近では電気自動車用や電力貯蔵用にも展開されつつある。しかし、リチウムイオン電池はエネルギー密度が高いことに加え、可燃性の電解液や大気中で不安定な活物質が使用されているがゆえに、安全性確保が極めて重要な課題となっている。
 熱シミュレーションは、電池が事故や誤作動によって発熱した時に温度がどのように上昇するかを予測する技術であり、熱暴走を防ぐための放熱・冷却手法を検討するためにも重要である。
 本講演では、市販および試作した小型のリチウムイオン電池を例に、熱シミュレーション手法について解説する。また、シミュレーションに必要なパラメータとして構成材料の熱物性値や反応エントロピー変化等の測定手法についても議論を行う。更に、リチウムイオン電池の発熱挙動を評価した結果を紹介し、リチウムイオン電池の特異的な発熱メカニズムについて考察する。また、誤使用の例として過充電を行った時の発熱挙動について評価した結果を紹介し、過充電時の熱暴走を防ぐ方策について検討する。
プログラム

1 リチウムイオン電池の熱問題の現状

2 リチウムイオン電池の熱シミュレーション

3 熱物性値の測定

4 充放電時の発熱因子(電池反応の熱力学)

5 リチウムイオン電池の定電流充放電時の発熱挙動

6 リチウムイオン電池の発熱の過渡応答

7 過充電時の発熱挙動

8 まとめと今後の展望

講 師齋藤 喜康 氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 省エネルギー研究部門 エネルギー界面技術グループ (兼)電池技術研究部門付
会場中央大学駿河台記念館 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合43,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合56,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.