S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

ディープラーニングの実務導入セミナー

  • 日時:2017/05/18(木)  10:30~16:30
  • セミナー番号:T170518
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨 ・極力数式を排し、データの取得、整理、確率論、機械学習、ディープラーニングまでを学ぶ。
・サンプルを動かして終わりではなく、自身のもっているデータから「何を導きだせるのか」がわかる。
・ディープラーニングの考え方(確率論)と、その実践を通し、ディープラーニングを実業務に活かせ
 る。
 
プログラム

1 機械学習/ディープラーニングを行う際に必要なデータ処理の基本
 1.1 データの定義
 1.2 扱うデータの特性を把握する
  1.2.1 時間軸/場所の考慮
  1.2.2 データを発生させるもの
 1.3 データの前処理
  1.3.1 データの抜け、異常値への対応
  1.3.2 データの量を調整する(増やす/減らす)
  1.3.3 データの次元を削減する
 1.4 ディープラーニングの精度を上げるためにどのようなデータを用意する
    か?
  1.4.1 必要となるデータの量
  1.4.2 データクレジング
  1.4.3 フレームワークでの処理
 1.5 サンプルデータの説明
  1.5.1 デモで使用するサンプルデータの説明

2 機械学習/ディープラーニングの数理・確率論
     ~対象物を数値情報へ変換する~
 2.1 分布
 2.2 次元とベクトル
 2.3 画像を数値情報へ変換する
 2.4 言語を数値情報へ変換する
 2.5 音を数値情報へ変換する
 2.6 状態を数値情報へ変換する

3 機械学習の基礎と実践
 3.1 機械学習の基本
  3.1.1 データがモデルをつくる
  3.1.2 学習結果をどう受け取るべきか
 3.2 学習の種類
  3.2.1 教師あり学習の基本
  3.2.2 教師なし学習の基本
  3.2.3 強化学習の基本
 3.3 結果の分類
  3.3.1 回帰
  3.3.2 クラス分類
 3.4 Windowsで機械学習環境をオープンソースにて構築
  3.4.1 使用可能なオープンソース一覧
  3.4.2 Pythonの設定(Windows7端末の例)
 3.5 サンプルデータを機械学習で処理
  3.5.1 何を導き出したいか?の定義
  3.5.2 使用できるモデルは?
  3.5.3 Pythonを実行し結果を得る
 3.6 機械学習のプログラム解説

4 ディープラーニングの基礎と実践
 4.1 機械学習とディープラーニングの違いは?
  4.1.1 ニューラルネットワークとは
  4.1.2 生じた誤差の吸収
  4.1.3 特微量の抽出/学習の方法
 4.2 ディープラーニングを分類し、その特徴を把握する
  4.2.1 畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural
      Network)
  4.2.2 再帰型ニューラルネットワーク(RNN:Recurrent Neural
      Network)
  4.2.3 強化学習(Deep Q-learning)
 4.3 Windowsでディープラーニング環境をオープンソースにて構築
  4.3.1 TensorFlow
  4.3.2 Chainer
 4.4 サンプルデータをディープラーニングで処理
  4.4.1 TensorFlowで動かし結果を得る
  4.4.2 Chainerで動かし結果を得る
 4.5 ディープラーニングのプログラム解説
  4.5.1 TensorFlowの解説
  4.5.2 Chainerの解説
 4.6 解析結果の考察とチューニング
  4.6.1 TensorFlow
  4.6.2 Chainer
 4.7 精度を上げるためにいかにパラメータを最適化するか?
 4.8 過学習の判断基準
 4.9 その他、実践にあたり注意すべきこと

5 このセミナーだけで終わらせないために
 5.1 twitter/ブログを通じた情報の収集
 5.2 より高速な環境を求める場合
 

講 師太田 桂吾 氏
応用技術株式会社 ソリューション本部 主査
会場連合会館 東京都千代田区神田駿河台3-2-11

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合47,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.