S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

ブラシレスモータとSRモータの設計の実際

  • 日時:2017/07/03(月)  10:30~16:30
  • セミナー番号:T170703-2
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  永久磁石式モータの代表格であるブラシレスDCモータ(BLDCM)は高効率で制御性がよく、長寿命であるため、広く使用されている。またスイッチドレラクタンスモータ(SRM)は永久磁石レスで、構造がシンプル堅牢、安価であるため、最近、家電用~電気自動車(EV)等に実用が進んできた。
 そこで、トルク発生メカニズムの異なるBLDCMとSRM両者を取り上げ、実用的な設計法を比較しながら解説することにした。BLDCあるいはSRの片方にしか関係しない技術者にとっても、両モータの相違を把握しながら、理解ができれば、有益なここと考える。
 最近の大学の技術系講座でも、回転電機の電気磁気学に基づく講座が激減しており、PC演算解析、シミュレーションに偏重した傾向がみられ、理工学部学生はモータの理論原理を十分に理解しないまま、解析ソフトに頼る傾向が見られる。またメーカー入社後モータの設計に従事しても、いきなり磁場解析ソフトで実務に入るものの中には、数年を経過しても、モータの「トルクvs速度曲線」の発生メカニズムを理解できない者も多い。これでは新製品開発時やトラブル対策時に先を見通せず、応用力を欠いた技術者と言わざるを得ない。そして必要以上のパラメーターを投入した腕力と時間を多用したシミュレーションに頼るようになる。
 本セミナーでは、この点に鑑みて、両モータの基礎理論、特徴、設計法計算法を、分かりやすく、丁寧に、課題演習を交えて解説する。
 モータの設計計算は、まず実用的な数式の誘導法を教授する。次に磁束を簡易法でありながら精度を高く求めるもので、電卓で行う内容としてある。エクセル計算にも適している。この方法をマスターすれば、両モータの「速度―トルク曲線」なども簡単に作図できるようになる。これら手法を習得してから、実務でPC磁場解析ソフトを使えば、応用力を有した技術者となり得ると確信する。 またこの両モータに関して、駆動方法やHEV,EV車への応用例や筆者が発明したアキシャル立体ギャップ式BLDCモータを圧粉鉄心でインホイール化したEV車の走行も紹介する。
 本セミナーは市販の技術書にある定性的な解説のみならず、定量的な数値計算をめざすものである。
プログラム

1. 回転機設計の必要理論と要素知識
 1.1 磁気回路の基礎
 1.2 磁気回路と諸要素
 1.3 永久磁石の動作点
 1.4 永久磁石(種類、使用法、着磁法)
 1.5 簡易設計法と起磁力方程式
 1.6 永久磁石モータとSRMの磁路とトルク

2. ブラシレスモータの必要知識
 2.1 整流子の電子化(HIC)
 2.2 BLDCMの回転原理(ユニポーラ/バイポーラ)
 2.3 BLDCMシステムの構成
 2.4 スロットコンビネーション(S/P)と特性
 2.5 ラジアルギャップ型BLDCM
 2.6 アキシャルギャップ型BLDCM
 2.7 多極BLDCMのHIC位置とコイルの関係
 2.8 DCMとBLDCMの特性比較

3. SRモータの必要知識
 3.1 SRMの回転原理(ユニポーラ/バイポーラ)
 3.2 SRMシステムの構成
 3.3 スロットコンビネーション(S/P)、誘導子構造と特性
 3.4 ラジアルギャップ型SRM
 3.5 アキシャルギャップ型SRM
 3.6 BLDCMとSRMの比較

4. 車載機用モータ
 4.1 ラジアルBLDCMとSRM比較
 4.2 アキシャルBLDCMとSRM比較

5. 電卓でできるBLDCモータの設計法
 5.1 トルクの一般式誘導と速度―トルクカーブの計算作図法
 5.2 ラジアルBLDCモータ(10極12スロット、アウターロータ)
 5.3 ラジアルBLDCモータ(14極12スロット、インナーロータ)
 5.4 世界初、アキシャル立体ギャップBLDCモータ(4極6スロット)
   2倍トルク化設計
 5.5 アキシャルギャップBLDCモータ(14極12スロット)
 5.6 鉄損と効率の計算法

6. 電卓でできるSRモータの設計法
 6.1 トルクの一般式誘導と速度―トルクカーブの計算作図法
 6.2 ラジアルSRモータ(4極6スロット、インナーロータ)
 6.3 アキシャルギャップSRモータ(4極6スロット)

7. 設計演習
 7.1 ラジアルBLDCモータ(16極18スロット、アウターロータ)
 7.2 ラジアルSRモータ(4極6スロット、インナーロータ)

学べる事・磁気回路計算に熟達し、電卓で磁束が精度よく求められるようになる。
・BLDCM,SRMの「速度―トルク曲線」を簡易計算で作図できる。
・ BLDCM,SRMの各種構造や駆動方法の知識が得られる。
・ 車載への応用も解説する。
・ BLDCM,SRMの具体的設計を課題演習で指導する。
講 師坂本 正文 氏
電気学会プロフェッショナル、足利工業大学客員研究員、日本ピストンリング(株)技術アドバイザー、(株)藤田電機技術顧問
会場オームビル 東京都千代田区神田錦町3-1

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合46,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
備考②課題演習を行いますので、電卓をご持参ください。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.