S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

劣モジュラ最適化と機械学習、及びその応用

  • 日時:2017/07/25(火)  11:00~16:00
  • セミナー番号:T170725
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  劣モジュラ関数は、連続関数における凸性に対応する構造を持つ集合関数である。劣モジュラ関数の概念自体は、離散数学分野で1980年代頃から知られていたが、近年では、機械学習をはじめとした様々な知能情報処理分野で扱われる問題において重要な役割を担うことが知られるようになり注目を集めている。
 本講義では、劣モジュラ関数を用いた機械学習について概観し、具体的問題へ適用するための一連の方法について述べる。劣モジュラ関数は集合関数であるため、組合せ的計算を扱うために用いられる。従ってまず、機械学習における組合せ最適化の重要性について、その具体例とともに説明する。そして、特に機械学習における劣モジュラ関数を用いた計算で重要となる問題として、劣モジュラ関数の最大化問題として定式化されるものについて説明する。この定式化に関連する問題としては、例えば、特徴選択やセンサ配置問題などが含まれる。次にもう一つの主要な適用として、データ変数間の構造的先見情報を用いた学習へのアプローチである、構造的正則化学習における劣モジュラ関数の利用について説明する。そして時間の許す限り、その他の最近の機械学習分野における関連する話題についてふれる。また最後に、いくつかの実問題への適用事例について概観する。
プログラム

1 統計的機械学習における組合せ最適化の重要性と具体例

2 劣モジュラ関数、及びその最適化に関する基礎的事項

3 統計的機械学習における劣モジュラ関数最大化

4 劣モジュラ関数を用いた構造的正則化学習

5 その他の話題と最近の発展

6 実問題への適用事例

講 師河原 吉伸 氏
大阪大学 産業科学研究所 准教授
国立研究開発法人理化学研究所 革新知能統合研究センター チームリーダー >講師略歴
会場オームビル 東京都千代田区神田錦町3-1

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合46,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.