S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • ディープラーニングとウェアラブルセンサを用いたココロの可視化
このセミナーは既に終了しております。

ディープラーニングとウェアラブルセンサを用いたココロの可視化

~耳朶脈波と気象データを用いた近未来・現在のココロの予測・推定とその活用の留意点~

  • 日時:2017/10/03(火)  10:30~16:30
  • セミナー番号:T171003
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習によるココロの予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。その上で,ストレス負荷時の生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し,動作と生体信号,ストレス,認知的負荷の関係についての理解を深めます。また,実例を交えて,機械学習を解説し,理解を深めます。
 本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。
プログラム

1 ココロの理論とその活用
 1.1 ココロとは?
 1.2 アンケート、生体信号、行動からココロを推定する
 1.3 ココロの変化を利用した快/不快ストレス推定

2 生体信号とストレス、ココロの関係
 2.1 ストレスとココロの関係
 2.2 脈波に表れるココロの状態
 2.3 ココロを表す生体信号とその活用の留意点

3 生体信号と気象データに着目した近未来のココロの予測
 3.1 近未来のココロに影響を与える要素
 3.2 脈拍の時系列解析
 3.3 機械学習による近未来のココロの予測点

4 生体信号に着目したストレスの推定
 4.1 性格と生体信号の関係
 4.2 機械学習による現在のココロの推定
 4.3 機械学習によるストレス源の推定

5 動作に着目した認知的負荷の推定
 5.1 動の制御と認知的負荷の関係
 5.2 腰の周期運動に着目した認知的負荷の推定
 5.3 歩行に着目した認知的負荷の推定

講 師梶原 祐輔 氏
立命館大学 情報理工学部 情報システム学科 特任助教 >講師略歴
会場中央大学駿河台記念館 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合47,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.