S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
このセミナーは既に終了しております。

脳活動センシングとその産業応用

  • 日時:2017/10/25(水)  10:30~16:30
  • セミナー番号:T171025
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
プログラム

I. 脳の構造と機能
 1. 脳の構造
 2. 様々な脳部位に局在化した脳機能

II. 脳活動の非侵襲的センシング技術
 1. いろいろな脳活動センシング方法 ― それぞれの利点・欠点
 2. 脳波と脳磁界
  1) 脳波・脳磁界の発生のメカニズムと計測方法
  2) 脳波・脳磁界の種類
  3) 脳波・脳磁界データの処理技術
 3. MRI
  1) MRIによる断層撮像
  2) MRIを用いた脳活動センシングの原理 ― functional MRI (fMRI)
  3) fMRIを用いた脳活動データの取得
  4) fMRIによる脳活動可視化のためのデータ処理技術
  5) 脳構造と脳機能 ― fMRI以外の脳断層撮影による認知機能評価
 4. NIRS (近赤外分光法/光トポグラフィ)
  1) NIRSによる脳活動のセンシング
  2) NIRSを用いた脳活動センシングの特徴と使用例
 5. 脳活動センシング技術の新展開
  1) 高精度化のための技術
  2) 簡易計測技術

III. 脳活動・認知機能センシングを応用した製品・サービスデザイン
 1. 脳活動センシング実験を始める前に
  1) 課題設計の重要性
  2) 特定の知覚・認知機能を調べるための課題例
 2. 脳活動計測や認知機能センシング応用の実例
  1) 認知処理能力を反映する脳活動
  2) 複数の脳活動計測方法を併用した高精度な視覚情報処理の可視化
  3) Brain-machine interface
  4) 日常的な認知・行動能力と脳波
  5) VR技術との併用による脳波センシング応用技術
  6) 知覚の変化を用いたヒトの覚醒・疲労状態のセンシング
 3. 脳活動センシング今後の展望

講 師岩木 直 氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 自動車ヒューマンファクター研究センター 副研究センター長
会場オームビル 東京都千代田区神田錦町3-1

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合46,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.