S&T出版株式会社セミナー情報サイト
セミナー情報
  • HOME »
  • »
  • ~ウェアラブルセンシングにおける~信号の検出と処理、その応用
このセミナーは既に終了しております。

~ウェアラブルセンシングにおける~信号の検出と処理、その応用

  • 日時:2017/12/06(水)  10:30~16:30
  • セミナー番号:T171206-2
  • 主催:トリケップス
フォームからお申し込み 申込みPDFダウンロード
本セミナーの趣旨  近年多様なウェアラブルデバイスが登場し、医療やヘルスケア、スポーツ、自動車、サービス産業などの多くの分野でその応用が期待されています。一方、個人や一部の業界・企業での利用は見られるものの、広く活用が進んでいるとは言えないのが現状です。
 本講演では、ウェアラブルセンシングの基礎から始め、様々なウェアラブルデバイスの計測原理、信号検出および処理法について説明し、これらのデバイスからどのようなデータを得られ、どのような応用が可能であるか、実際のデバイスの利用例を紹介しながら解説します。
 セミナーは、ウェアラブルセンシング技術の基本からビジネスに生かすための応用まで、一貫して理解し習得できるように構成しました。最新のデバイスのセンシング技術や具体的な活用法、研究開発事例を取り上げながら、ウェアラブルセンシングについて広く学びます。
プログラム

1. ウェアラブルセンシングの基礎
 (1)ウェアラブルデバイス・センシングの背景
      -これまでの状況と現在の動向-
 (2)ウェアラブルセンシングの対象と要求ニーズ
 (3)ウェアラブルセンシングの構成要素技術

2. ウエアラブルセンシング技術
 (1)ウェアラブルセンシング手法の基礎
  1.1 生体データ・行動データの特徴
  1.2 センサの装着法と測定法、その注意点
  1.3 検出信号とデータ前処理

 (2)生体情報センシング
  2.1 ウェアラブル生体センサの計測原理、信号検出・処理、活用法
     心電計、脈波センサ、血流量センサ、温度センサ、血圧計、
     パルスオキシメータ、脳波センサ、眼電位センサ/眼球運動センサ、
     血糖センサ、等

 (3)行動情報センシング
  3.1 ウェアラブル行動センサの計測原理、信号検出・処理、活用法
     加速度センサ、ジャイロセンサ、気圧センサ、マイクロフォン、
    イメージセンサ、等

3. 応用事例と将来展望
 (1)医療・ヘルスケア・福祉分野での応用
 (2)スポーツ・フィットネス分野での応用
 (3)自動車分野での応用
 (4)その他の産業・業務用分野での応用
     -観光、アミューズメント、航空、製造、サービス業等-

4. まとめ

講 師杉本 千佳 氏
横浜国立大学 未来情報通信医療社会基盤センター 准教授
会場ちよだプラットフォームスクウェア  東京都千代田区神田錦町3-21

MAP

受講料
(税込)
お1人様受講の場合46,000円(税別)/1名、1口でお申し込みの場合57,000円(税別)/1口
※ 本セミナーはEルメール案内価格の適用はございません。
※ 1口でのお申込みは1社3名まで受講でき、受講料が格安となります。

※ 1口でお申込みされる場合は、代表受講者を定めて下さい。 受講票発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、お席を用意できない場合があります。
※ 開催 7日前に受講票、会場地図、請求書を発送します。
備考①本セミナーの事務処理・受講券の発送等はトリケップスが行います。
申込み方法申込み方法、キャンセル等を以下ボタンから確認の上お申込みください。
>お申込み方法

セミナー情報検索

Copyright © S&T出版|セミナーポータルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.